井岡一翔VSシントロン対戦結果速報!優勝は?ボクシングWBO世界スーパフライ級

ボクシングWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ「井岡一翔×シントロン」

2019年12月31日(火)  18時00分~19時00分  の放送内容

スポンサードリンク

大晦日に井岡選手がシントロン選手と初防衛戦を行います。

どんな結果になるか。

楽しみです。

井岡 一翔(いおか かずと)wiki的プロフィール

生年月日:1989年3月24日

第33代日本ライトフライ級王者。

元WBC世界ミニマム級王者。

元WBA世界ミニマム級王者。

元WBA世界ライトフライ級王者。

元WBA世界フライ級王者。

現WBO世界スーパーフライ級王者。

日本人男子初の世界4階級制覇王者

対戦相手紹介

ジェイビール・シントロン(24歳)

世界ランク一位の挑戦者

プエルトリコ人初の五輪2大会出場(ロンドン・リオ)

プロ転向後は12戦無敗の技巧派サウスポー

対戦相手との比較
シントロン 井岡一翔
169.7㎝ 身長 164.2㎝
179.0㎝ リーチ 167.0㎝
90.0㎝ 胸囲 91.0㎝

井岡選手にとって過去最高の身長差とリーチ差があります。

リーチ差は12㎝です。

ボクシングルール(本大会)

・フリーノックダウン制

・途中採点の公開はしない

・グローブはアメリカ製8オンス

・1ラウンドは3分

・偶然のバッティングにより試合続行不可能な場合は4Rまでは

ドロー、それ以降は採点による判定

採点は有効打、積極性、防御、などを判定していきます。

初防衛戦結果

116対112

115対113

116対112

ジャッジ:3-0

優勝は井岡一翔

まとめ

井岡選手は子どもができてからの初防衛戦ということも

あり、強い父親を見せたいといってましたから。

勝って初防衛できて良かったですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク