開業ガールズGP出場のお店の場所と優勝者結果【ボンビーガール】

TV

東京・地元に愛されるおにぎり店 ごはんや湯気

なんとおにぎり屋さんで開店前から行列ができるほどのお店。

今回エントリーされたのはこちらのおにぎり店の『ごはんや湯気』のなつきさんとゆりさん。

開業して半年のお店。

間借り開業は家賃(11万)と食材費だけで始められるので始めやすいといいます。

BAR OKOZE.内とあるのは、お昼時はこちらのお店を間借りして調理器具などを使わせてもらっているんですね。

銀座で割烹仲田という店をやっていたおじいちゃんの影響で和食料理の世界を目指すようになったお二人が経営するお店。

ただ5月5日に移転することに。まだ、移転先は決まっていないそうです。(この放送時2021年4月27日現在)

おすすめは『鶏そぼろ』『鯖マヨパクチー』

ごはんや湯気の場所

「東急目黒線」不動前駅から徒歩6分
「JR山手線」目黒駅(エレベーター口)から徒歩11分
「東急目黒線」武蔵小山駅(東口)から徒歩14分

 

店舗情報

店舗名:ごはんや湯気
住所:東京都目黒区下目黒3丁目19−8 BAR OKOZE.内
最寄駅:「東急目黒線」不動前駅
営業時間:昼営業:月・水・木・金・土曜日 11:30〜15:00
夜営業:火曜日 16:00〜23:00(ラストオーダー:22:30)
定休日:火・日・祝日
Twitter:https://twitter.com/yuge_gohann
Instagram:https://www.instagram.com/yuge_gohan/

5月5日以降は場所が変更になるので、ツイッターなどでチェックが必要ですね。

 

神奈川県小田原市 らぁ麺 桃の屋(ラーメン店)

借金は700万、母と二人三脚で改行したラーメン店。

築80年の物件で開業した訳は、女手一つで育ててくれた母の影響だといいます。

30年以上長崎ちゃんぽんのお店で働きながら育ててくれたお母さん。

そんな母の夢はまさよさんとお店を持つことだそうです。

まさよさんはラーメンの激戦区環七で人気の「せたが屋グループ」で7年修行しています。

毎月の材料費がスゴイ出費で50万ほどです。

小田原の駅からも近いので、いける人はぜひ食べに行ってみてほしいですね。

チャーシューは神奈川県産の『やまゆりポーク』という地元の銘柄豚を使用。

自家製の塩レモンもトッピングされており、国産の丸鶏や昆布とマイタケ、煮干しの魚介エキスも加えたすっきりコクのある清湯スープの『あっさり塩玉らぁ麺』は900円。

 

桃の屋の場所

タイトルとURLをコピーしました