第96回箱根駅伝往路2020/第5区山の神候補

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まもなく箱根駅伝 往路~第96回東京箱根間往復大学駅伝競走

2020年1月2日(木)  7時00分~7時50分  の放送内容

箱根駅伝、楽しみですね。

今回は、第5区の山登りの区間について。

スポンサードリンク

「山を制する者は、箱根を制す」

箱根の山は874mの高さがあります。

ゆえに、選手たちには幾多の試練が待ち受けます。

山対策:ナンバーカードの袋を風よけとして利用お腹が冷えるのを防ぐ
こうした対策をしている選手がいる中
山対策に苦しめられた選手:キトニー

2014年第90回箱根駅伝5区を走った日本大学の帰途に(当時2年)

ニット帽、手袋、ネックウォーマー、長袖と

完全防備して挑んだ。

しかし、気温は14度と完全に対策が裏目に。

思うように走れずに区間10位に。

山登りデビューはほろ苦い結果に終わった。

それならばと2015年翌年第91回箱根駅伝では

ネックウォーマーを長袖をやめて再挑戦した。

しかしながら、帽子の中に帽子、手袋の中に手袋(笑)と過剰な

装備でまたも区間賞はとれず。

それならばと、2016年第92回箱根駅伝では

さらに薄着にして3度目の正直で快走をみせるキトニー

見事9人抜きを達成して留学生初の5区区間賞!

第96回箱根駅伝2020山の神候補

國學院大學 浦野 雄平(4年)

前回区間新記録

東海大学 西田荘志(たけし)(3年)

前回区間2位

法政大学 青木涼真(4年)

前々回区間賞

まとめ

今年の箱根の山を制するのは誰なんでしょうか。

TV
スポンサーリンク
ネット情報館
タイトルとURLをコピーしました