航空自衛隊ブルーインパルス都内飛行の理由と航路ダイジェストまとめ

情報

航空自衛隊ブルーインパルスが都内の空を飛行理由

今回のコロナウィルスの影響で

医療従事者の方への感謝の意をこめて

ブルーインパルスが都心の上空を飛行したとの事。

5月29日の金曜日、都内では多くの方がブルーインパルスの

飛行を目にしたのではないでしょうか。

東京医科歯科大学病院の屋上では華麗なターンを見ることもできました。

医療従事者の方へのインタビューでも

「こんな近くで見れるとは思っていなかった。」

「すごく、元気がでました。ありがとうございます。」

と医療従事者の方がたの感謝の言葉が各放送局で放送されていました。

スポンサードリンク

ブルーインパルスの航路

ブルーインパルスの飛行航路は

医療機関をメインに

都立駒込病院、都立墨東病院

東京スカイツリーを通り東京駅

荏原病院、自衛隊中央病院、新宿駅の航路を

20分間で2周しました。

ブルーインパルス白い煙出てない7機目の航空機はなに?

都内上空を飛んでいるブルーインパルスを見て

一矢乱れぬ姿に目がいってしまい見逃しがちだが、

その横に、7機目の飛行機がいることにお気づきだろうか?

 

この飛行機の存在に疑問に思った人もいることでしょう。

女優の吉高由里子さんのTwitterでつぶやかれてもいましたが、

回答があげられていました。

 

これは全般統制機です。と

 

ブルーインパルス飛行写真ダイジェストまとめ

すんごい良く撮れてますね。

地上からこれだけの写真撮るのってプロカメラマンくらいの

望遠カメラじゃないですか?

まとめ

医療崩壊を招くことなく収束、非常事態宣言解除まで

迎えられたこと、まだまだ、第二派など

いろいろあるとは思いますが。

医療関係者の方がたへ感謝いたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました