恋はDeepに原作やあらすじ石原さとみと綾野剛の役どころを紹介

ドラマ

「恋はDeepに」が2021年4月から放送されます。

今回はこのドラマの原作やあらすじ、石原さとみ演じる渚海音(なぎさみお)と綾野剛演じる蓮田倫太郎の役どころやみどころを紹介していきます。

スポンサードリンク

「恋はDeepに」(恋ぷに)の原作は?

脚本家は徳尾浩司さん、ドラマ『おっさんずラブ』や『私の家政夫ナギサさん』などでも有名ですね。

原作についてですが、完全オリジナルとなっています。

こんなキャラクターも考えたんですかね。たぶん採用されないですね。(笑)

恋が鯉に。。。

ガチの恋愛ドラマという感じ予定だったそうですが、路線変更でラブコメにしたとか。

石原さとみさんサイドからの要望とも。

綾野剛さんも、ラブコメに初挑戦ですかね。

 

「恋はDeepに」あらすじ

芝浦海洋大学・海洋学術センターで働いている、海を愛する魚オタクの海洋学者・渚海音(なぎさ・みお)を演じる石原さとみと、ロンドン帰りの蓮田トラストの御曹司・蓮田倫太郎(はすだ・りんたろう)役の綾野剛は、巨大マリンリゾートの開発をめぐって出会います。

海を守りたい女と巨大マリンリゾート開発計画に人生をかけた男の物語。

石原演じる渚海音(なぎさみお)の過去は謎が秘められている。どういう生い立ちなのか、どのような謎があるのか。

蓮田倫太郎の夢は、ある展望タワーを作る事。

そんな2人はひょんなことから対立を深め、紆余曲折していくが恋におちていく。

そんな大人のラブストーリー。

 綾野剛(蓮田倫太郎)と石原さとみ(渚海音)の役どころ

役名:渚海音(石原さとみ)

芝浦海洋大学・海洋学術センターで働いている海洋学者

海を愛し、なんでも魚にたとえて語る女性で周囲をその言動で驚かせる。

でも自分の家族や過去の事は話したがらない。

海がプラスティックゴミなどで汚されていく事を悲しみ嘆き、マリンリゾート開発を阻止しなければならないという使命感にあふれた女性の役どころ。

 

役名:蓮田倫太郎(綾野剛)

マリンリゾート開発に人生をかける男、蓮田倫太郎。

ロンドンの有名コンサル会社に勤めていたが、父の体調不良をきっかけに帰国しマリンリゾート開発事業を任されることに。

仕事には厳しいが実は、無邪気な性格。

蓮田倫太郎は3人兄弟の次男。後継者になるべく育った兄とは違った性格で、蓮田家の確執も表面化していく。

リゾート開発本部長となり、自分の夢である展望台も作ることができるのか?

恋はDeepに第1話見どころ

星ヶ浜海岸に巨大マリンリゾートが建設されることを知り、海に暮らす魚たちの暮らしを守るため、なんとか止める手立てはないかと考えるのが、海を愛する海洋学者・渚(なぎさ)海音(みお)(石原さとみ)

一方、リゾート開発を進める蓮田(はすだ)トラストの御曹司で、三兄弟の次男・倫太郎(りんたろう)(綾野剛)は、父・太郎(たろう)にロンドンから呼び戻され、星ヶ浜での開発の陣頭指揮を任されることになります。

海音が出演したあるテレビ番組をきっかけに顔を合わせた2人は、環境保護とリゾート開発という正反対の目的を持って最悪の出会うことになるのです。

しかし翌日、倫太郎と対立関係にある兄・光太郎(こうたろう)(大谷亮平)から呼び出された海音は、なんと、リゾート開発チームに参加してほしいと頼まれてしまう。

いったいどうなっていくのか?

 

「恋はDeepに」の胸キュンキュン場面

男性は石原さとみに女性は綾野剛に、もうキュンが止まりません!!

波打ち際を歩く海音を「待てって!」と倫太郎が引き留めるシーン

海音が出演するテレビ番組の収録風景を眺める倫太郎の姿

水族館で寄り添う2人(海音と倫太郎)

キュンです♪

キュンキュンです。

二人が近づくシーンが多すぎてキュン死しそうです。

現場でもキュンキュンです!!ヤバいです!照れ死する(笑)

 

「恋はDeepに」出演者キャスト

石原さとみ

 

綾野剛

 

今田美桜

鴨居研究室の特任研究員の宮前藍花みやまえあいかを演じます。海音さんの良き相談相手で、大事な時に周りにツッコミできるしっかり者の女性。

大谷亮平

蓮田光太郎役:蓮田三兄弟の長男・光太郎は、蓮田トラストの次期社長として育てられ、完璧主義で、自分が会社を支えていくという責任を背負っている。

次男の倫太郎とは度々対立する。

渡邊圭祐

誰に対しても人懐っこく、周りの人に壁を作らない蓮田家の末っ子。

藤森慎吾

鶴川優作役:剛くん演じる倫太郎の親友という役どころ

橋本じゅん

鴨居正役:渚海音の叔父

タイトルとURLをコピーしました