M-1グランプリ2020で実は「見取り図」が視聴者支持No.1

お笑い

『M-1グランプリ』2020の決勝では、唯一漫才らしい漫才を披露しながらも、優勝をつかみ損ねた「見取り図」。残念ながら三度目の正直とはいきませんでした。

視聴者投票では断トツの1位を獲得し、投票した40%以上の人が「見取り図が一番面白かった」と答える結果でした。

それでも決勝では3組に票が割れたのは、それぞれ審査員の方々の視点・理由によるもので、難しいですよね。

大会後、ツッコミの盛山(写真左)は自身のnoteで思いをつづっています。

M-1の審査基準は「とにかくおもしろい漫才」です!昔から!

10組とも本当にすごい漫才でした。ファイナリストのみんなが健康で本番を迎えれてよかった。

とんでもないエンターテイメントや。えぐすぎ!日本の文化独特過ぎ!

こんな時代に2020年のM-1グランプリがあってよかった!

出典:note

お笑いができる喜び、感謝に溢れていました。

また、場外乱闘状態の審査批判とも取れる視聴者のコメントには、揉めないで欲しいと訴える場面も。みんな面白かった!という感想が一番なのかもしれません。

 

ちなみに2019年は5位、2020年は3位と自己予想したリリー、本意か不本意か的中してます(笑)

そこで、反省会の場面で「来年の予想は?」と司会の千鳥に尋ねられると、「…………………2位です!」と答え、階段を一つずつ上がって行く覚悟のようです(笑)

では「見取り図」について詳しくみていきましょう!

 

基本プロフィール

 

ボケ担当:リリー(本名:清水 将企・しみず まさき)/写真右

 

性別:男性
生年月日:1984年06月02日
身長/体重:177cm /64kg
血液型:O型
出身地:岡山県 和気郡
趣味:絵を描く、料理、水泳、サッカー、美術館巡り、競馬、麻雀、MARVEL作品、お酒
特技:デザイン、ウェルカムボード作り、即興似顔絵
出身/入社/入門:2006年 NSC大阪校 29期生

ツッコミ担当:盛山 晋太郎(もりやま しんたろう)/写真左

 

性別:男性
生年月日:1986年01月09日
身長/体重:180cm /95kg
血液型:O型
出身地:大阪府 堺市
趣味:野球、ドライブ、競馬、パチンコ、スロット
特技:早食い、運転、ラップ、3秒しりとり、即興あるあるリズムネタ
出身/入社/入門:2006年 NSC大阪校 29期生

出典:吉本興業株式会社

 

主な受賞歴

・2018年 漫才 コント 音ネタトーナメント ウケタモンガチ!8 優勝

・2018年 オールザッツ漫才 ネタバトル優勝

・2019年 第4回 上方漫才協会大賞 大賞

・M-1グランプリ2018年・2019年・2020年 決勝進出

順調に実力をつけて来ている印象ですね。

本人たちも言っているように、今後テレビへの露出が増えれば、さらに活躍の場も増えそうなコンビですね。

 

お笑いに対する想い

二人はNSC大阪校の同期で、盛山がリリーをドライブに誘ったのがきっかけでコンビを組むことに。

2019年の『M-1グランプリ』前に受けたインタビューでは、

「常に、自分ができる範囲のなかで一番を目指すようにしています」

と話すリリーと、

「とにかくおもしろい漫才を作り続けていたい」

と話す盛山。

引用:Lmaga.jp

二人とも、笑いに対して真面目で、ストイックな印象を受けました。

漫才をより多くの人に見てもらうためには、やはりテレビの露出が必要だと考えていた二人は、『VS嵐』(フジテレビ)に出るのが目標とも話していましたが、残念ながら実現はしなかったようです。

「もっと売れたい芸人」で、初『アメトーーク』(テレビ朝日)出演は果たしていますね。

 

リリーってどんな人?

わたし個人としては初めて「リリー」と「盛山」と聞いたときに、ビジュアルにインパクトのある方、つまり「盛山」が「リリー」だと思い込んでいました。

先入観って怖いですよね。なんとなくシュッとしてる方がツッコミかと(笑)

『M-1グランプリ』では、上沼恵美子に「長髪」と呼ばれる盛山に対し、松本に「デザインパーマ」といじられていたリリーですが、地毛だと反論しております。

 

そして、やっぱり「なんで、リリー?」って思いますよね?

由来は、リリー・フランキーに似てるとのことから、リリーと呼ばれるようになったようです。

でも個人的には「残念な櫻井翔」の方が似てると思いました(笑)

「ちょっと気を抜いた櫻井翔」でもいけそうです。

 

大分県立芸術文化短期大学卒で、趣味にもあるように、美術やデザインにも精通していて、美術の教員免許を持ち、アートに関する連載も担当しています。

現代アートを巡る記事では、さすが先生!と思うような的確なコメントで、視野も広い方なんだろうなとの印象を受けました。

芸人さんの話術でまた違う世界へ導いてくれるというのも、素敵ですよね。

ちなみに卒業した短大は、美術学科、音楽学科を有する日本唯一の公立短大だそうです。

 

盛山からみると、「ロボットみたいなところ」があり、「どんと構えている」男だそうですが、「本当は緊張していた」と話していることから、そのように見せない努力をされているのかもしれません。

個人的には、『M-1グランプリ』2020のマヂカルラブリーが優勝を決めた瞬間、リリーが野田クリスタルの背中をポンポンと叩いて讃えていたのが印象的でした。

 

盛山晋太郎ってどんな人?

失礼ながらコワモテで、ツッコミも怖そうでしたが、ちょっと裏返るような高音のツッコミで、関西っぽいって思ったのは、筆者が関西生まれではないからでしょうか。

ラップが特技という盛山は、MCミトリズという名前でラップを披露することも。「ショーバン」という曲も配信リリース(2018年)しているほか、NSC(吉本総合芸能学院)でラップの特別講師もされているそうです。

ちなみに、「ショーバン」のジャケットは、リリー画伯によるものだそうです!

また、盛山はお洒落でかっこいい!とも言われています。

ただ、以前『ロンドンハーツ』(テレビ朝日)の「私服センスなし芸人NO.1決定トーナメント」にノミネートされおり、本人に似合ってるからよし!との判断だったようですが、独特のセンスなのかもしれません(笑)

自身のインスタグラムでは、衣装提供に対して感謝を伝えながら投稿していますが、ファッションは

お好きなようですね!

 

まとめ

M-1で注目を集めた見取り図の魅力を調べてみました。

視聴者からの指示も高く、期待の芸人さんですね。

これからの活躍に期待がかかります。

タイトルとURLをコピーしました