裏技SPミネラルの取り方で若返り健康に【主治医が見つかる診療所】

TV

主治医が見つかる診療所【上手に摂って10歳若返る!ミネラルの裏ワザSP】

2019年11月14日(木)
19:58~21:48の放送内容

ミネラルと聞いて思い出すのは、鶴瓶師匠のミネラル麦茶かな。

他にミネラルを含むもの、どのように取れば効率的に取れるのかなど知らないことばかり。

今日は、そのミネラルで若返る裏技について取り上げるみたいです。

一緒に覚えていきましょう。

そもそも、ミネラルってなんでしょうか?

不足するとさまざまな体調不良を引き起こすのがミネラル。
健康に不可欠な栄養素と言われています。
ほかの栄養素と違い体内で作ることができないんですね。
だから食事を通じて絶えず摂取する必要があるのです。
食事に困らないこの現代においても、ミネラルは不足がち。
上手なとり方を知って、若返りましょう!
こちらは日経からの抜粋です。

ミネラルとはあらゆる物質をつくる基本単位が元素で、生体は主に4つの元素(酸素、炭素、水素、窒素)でできている。

ミネラルはそれ以外の元素の総称で

人体に必要とされるミネラルは16種類です。

必須ミネラルと呼ばれています。

そのうち、量の比較的多い7種類を主要ミネラル、残りを微量ミネラルと呼びます。

1日の摂取量がおよそ100mg以上と言われているのが「主要ミネラル」、100mp未満必要なのが「微量ミネラル」。

主要ミネラルはカルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、塩素の7種類です。

一方、微量ミネラルは鉄、ヨウ素、亜鉛、銅、セレン、マンガン、コバルト、モリブデン、クロムの9種類です。

微量ミネラルの中で、特に女性が気を付けてほしいのがです。

月経で血液が失われてしまうため、貧血につながりやすいことはご存じですよね。

しかも、貧血のなかで一番多いのが鉄欠乏による貧血。

鉄が不足になると無力感だったり食欲不振

などが引き起こされます。

鉄には「ヘム鉄」と「非ヘム鉄」の2種類があり、

動物性食品のレバーや肉、魚類に多く含まれるヘム鉄

卵や植物性食品(野菜や海藻類など)に含まれる非ヘム鉄

食事が植物性食品ばかりに偏らないようにすることが大事だと言われています。

健康な人が通常の食事で過剰症となることはまずありません。

しかし最近は、サプリメントや鉄製剤が多数でてます。

過剰摂取が起こる可能性がありますので気を付けましょう。

日本人に足りないミネラル摂って血管しなやか&美肌&むくみ&免疫力改善

骨をつくるミネラル:カルシウム

むくみを予防すっるバナナに豊富なミネラル:カリウム

貧血の予防のミネラル:鉄

美のミネラル:マグネシウム

壊れた細胞を再生、免疫力アップのミネラル:亜鉛

▽小松菜と小魚を一緒に!

落花生の薄皮がスゴイ…絶対トクする(秘)食事法&半熟たまごの仰天効用!?

5大栄養素とは

タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル

ミネラルは非常に重要なんですね。

「ミネラルの裏ワザ5か条」放送後

ミネラルの裏技5か条

①牛乳より・・・ 野菜+ 魚で美肌

②骨付き肉・・・ を加えてシワ・たるみ予防

③肉・・・ビタミンCと食べて免疫力アップ

④  ピーナッツ・・・ 薄皮ごと食べて老化予防

⑤タマゴ・・・ 半熟で食べて最強食材に

番組主治医紹介

秋津壽男(循環器内科)

秋津医院院長。

日本内科学会認定総合内科専門医。

1954年和歌山県生まれ。

77年大阪大学工学部卒業。

社会人を経て再び大学受験をし、和歌山県立医科大学医学部に入学。

98年に品川区戸越銀座に秋津医院を開業し、地域密着の診療を行なっている。

現在、『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京/TXN系列)にレギュラー出演
『薬を使わずに「生活習慣病」とサヨナラする法 知的生きかた文庫』より

石原新菜(内科・漢方内科)

上山博康(脳神経外科)

中山久徳(内科・リウマチ科)

南雲吉則(乳腺外科・形成外科)

こういった、若く見える行き方なんて本も出版していますね。

姫野友美(心療内科)

まとめ

今回はミネラルに関してです。

若返るには何が必要なのか、放送後に記載していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました