ネメシス第2話あらすじ・感想20年前の事件の真相解決のヒントとは?

TV

第1話の磯子のドンファン殺人事件を見事解決したネメシス探偵事務所。そこに今回依頼してくるのは女子中学生。1週間前から音信不通になった兄を探してほしいとやってくる。

はたして、今回の依頼とは?20年前に行方不明となった美神アンナ(広瀬すず)の父・美神始(仲村トオル)を探し出すヒントは何なのか?

スポンサードリンク

ネメシス【ドラマ】第2話あらすじ

ネメシス第2話『HIPHOPは涙のあとに』あらすじ

児童養護施設で共に育った兄・樹を探してほしいと横浜にある探偵事務所ネメシスを訪ねる少女(神谷節子)。

足取りをたどるとラッパーを目指していた樹が良く出入りしていたというクラブ「P.O.P」にたどりつく。

そこは陽気なラッパーや凶悪な振り込め詐欺集団にかかわる者までいるという。

クラブのオーナーの阿久津英樹(渡辺大知)とスタッフの木島(般若)となぜかアンナが即興ラップで「大盛り上がり。

1話で殺人容疑をかけられた黄以子(大島優子)がネメシスチームの一員に?

赤い車でぶっ飛ばしネメシスチームの手助けをしてくれます。

風真とは古い付き合いらしい凄腕の道具屋=星憲章(上田竜也)も2話から登場します。

星憲章「この辺りでヤバいやつは木戸って奴だ」と情報を得るアンナと自称天才探偵の風真。

ついに依頼人の兄・樹を探し出すがそこには立ち尽くす

樹の姿と包丁で刺された人が!

今回の事件も、20年前の事件に関係があるようで、どんなヒントが隠されているのか?

ここでもアンナの不思議な力が発揮されます。

この事件現場で何があったのか、アンナは過去の情報を得る為に1話でも発揮した力で『向こう側に』入っていきます。

今回の20年前の事件の真相解決のヒント

そして、20年前の事件の回想シーンでは。。。

今回も美神アンナの父が誰かから逃げるように車を走らせている車に、後部座席には同僚の神田水帆(真木よう子)と謎の女性・芽衣子(山崎紘菜)が。

そして車は大破、そこには血まみれで倒れる謎の女性・芽衣子(山崎紘菜)が。

逃げ去る黒い車。

 

ネメシス(ドラマ)第2話の考察と感想

今回は4月18日放送のドラマ・ネメシスについての考察と感想を書いていきます。

第2話を見ての考察と感想

初回放送が終わって「ネメシス」についてはいろんな意見が出ていました。

ネットでもかなり批判的なものから、ポジティブな面白いという感想まで様々でした。

一番多かったのは、高校生探偵が小学生になったあの有名なアニメに似ているというもの。

たしかに、1話を見た時、櫻井翔の探偵の風真を陰で操るようにアンナ(広瀬すず)が推理する様子は、小学生探偵のあのアニメに似ていると言えました。

1話につづき2話でも、アンナの言葉をそのまま言う風真はポンコツ探偵というだけありますが。

ただ、1話、2話ともにところどころみせる、アドバイスをもらって推理する風真の頭のキレはポンコツとは言えないところもあるのは事実。

もしかしたら、風真はわざとポンコツを装っている可能性も?

第2話は「HIP HOPは涙の後に」では

はじまりは2002年4月15日、美神始(アンナの父)が運転する車に美馬芽衣子という女性(妊婦らしき女性)と始の同僚である神田水帆(真木よう子)が後部座席に座り、黒い車に追われている状況から始まります。

始の運転する車は山道のカーブを曲がり切れずに衝突します。

放り出された妊婦の美馬芽衣子は血まみれで倒れており、後から追いついた栗田(江口洋介)と風真(櫻井翔)に対して美馬芽衣子は「かんけん」という言葉を残し意識を失ってしまいます。(今回の20年前の回想シーンは以上)

これは1話の始まりの2002年4月15日の美神始(仲村トオル)が赤ちゃんを抱いているシーンの少し前の状況と考えるのが妥当だと思います。

そして始は「俺はこの秘密を一生守る、この子も!」というわけですが、

つまり、始(仲村トオル)が抱いている赤ちゃんはアンナで、母親は美馬芽衣子だと考えるのが自然だと思われます。

美神始はアンナを自分のこどもとして育てたのか、それとも他人の子を預かって育てることにしたのか?謎は深まるばかりです。

それから19年後ー

今回の依頼は行方不明になった兄を探してほしいとい女子中学生依頼してきた。

その行方不明になった兄の写真を見た栗田は「どこで撮った写真?」と聞くと『あかぼしの家という養護施設』だと答えます。

この写真が撮られた場所が、栗田のもつ美馬芽衣子の撮影場所と一緒だった事もあり、養護施設で確認すると美馬芽衣子もあかぼしの家の出身者である事が判明した。

毎回、20年前の情報となるものが出てくるので少しずつヒントが出てくるので毎回、点と点がつながっていくのは気持ちがいい。

ちょいちょい出てくる、美神アンナ役の広瀬すずの慣れないおもしろ顔や奇妙な動きが新鮮というか、見ていて恥ずかしくなる感じはする。

今回2話で出てきた、道具屋の星憲章(上田竜也)に無茶振りされて面白いことしてとか、ラップしたりするところもこのドラマでしか見れないであろう動きだと思うので、広瀬すずファンなら必見ではないだろうか。

1話で出てきたスピード狂の医者、上原黄以子(大島優子)が2話ではネメシスチームの協力者として登場してきたのは意外だった。今後も、ちょくちょく助けに入る可能性があるのではないではないかと思われます。

2話での謎も美神アンナの誘導により、サクッと解決していった。

今回、道具屋でアンナの持つネックレスには情報が書き込まれている事がわかったが、何の情報かはわからなかった。

今後、このアンナのネックレスの情報が徐々に開示されていくことで、美神始が1話で言っていた『この秘密を一生守る』の意味がわかっていくものと思われます。

未だに謎なのは、

毎回、謎を解く時にアンナが『向こう側に入ってきます』と言って、消えていくシーンはどのような仕組みで過去に起きた情報を見に行けるのはどのような仕組みなのか?

アンナの父はホントに・始なのか?

なぜ、美馬芽衣子を連れて、始は逃げていたのか?

第3話では頭脳明晰な大学生として美神アンナの友人として橋本環奈が登場します。広瀬すずに、橋本環奈と登場人物は毎回とても豪華ですね。

次回は特に目が離せない展開になりそうです。

ネメシス登場人物キャスト紹介

美神アンナ(広瀬すず)

風真尚希(櫻井翔)

栗田一秋(江口洋介)

神谷 樹役(窪塚愛流)

 

神谷節子役(田牧そら)

阿久津英樹役(渡辺大知)

木島 孝役(般若)

ガチラッパーの般若

道具屋の星憲章

黄以子(大島優子)

神田水帆(真木よう子)

謎の美女=芽衣子(山崎紘菜)

タイトルとURLをコピーしました