ネメシスあらすじやトリック作家紹介・登場人物と見どころ紹介

スポンサーリンク
ドラマ

ネメシスのあらすじと感想!アンナの父の行方は!?

2021年4月11日毎週日曜22時30分から始まるドラマ『ネメシス』

本格ミステリードラマが始まりますね。ミステリー、推理小説が好きな人も

そうでない人も楽しめるコメディーな感じもありとても楽しみな作品です。

今回はこのドラマ「ネメシス」についてあらすじ、各ストーリーのトリック作家やキャストについてまとめていきます。

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ネメシス(ドラマ)のあらすじ

2021年4月スタート 毎週日曜夜10:30/日本テレビ系

シャーロックホームズのようなどんな難事件も解決する凄腕の探偵と呼ばれている風真尚希かざまなおき(櫻井翔)だが実はポンコツ?

そのポンコツ風間を名探偵に仕立て上げているのが

謎多き探偵事務所「ネメシス」で、天才的ひらめきを誇る助手・美神アンナ(広瀬すず)だ。

互いを助け合いながら毎回難事件に挑む物語。

ネメシスとは・・・正義の鉄槌で悪を砕くギリシャ女神。人間が神に働く無礼に対する、神の憤りと罰の擬人化。

そんな2人の目的は、突如失踪したアンナの父を探すこと。

一つひとつの事件を解決し、父につながるヒントを見つけ出そうとするたびに、新たな謎が生まれてしまう。

実は、1話完結型ではあるが、10話を通してアンナの父の謎は深まるばかり。

全ての謎を解く鍵は、闇に葬られた20年前の“ある事件”にある事を知る。

一話完結の事件と20年前の謎が複雑に折り重なり合う。

その20年前の事件を知るのはアンナの父(美神始)の親友でもあり、ネメシス探偵事務所の社長の栗田一秋(江口洋介)。

栗田は横浜で探偵を続けて探偵歴は30年、HIPHOPを愛する風間とアンナの理想の上司。

型にはまらず、いくつになっても服や車も自分の好きなものを選ぶような、自由な生き方を貫く“イケオジ”。

頼りになる大黒柱・栗田の元、風真とアンナがタッグを組んで、難事件を次々と解決していく。

20年前の事件とはいったい?

アンナの父は今も生きているのか?

映画「22年目の告白−私が殺人犯です−」(2017年)の入江悠さんが総監督を務める本格オリジナルミステリー。

オリジナルストーリーは全10話となっています。

ネメシス相関図

ネメシスのストーリートリック謎解き監修作家(全10話)

そのストーリー内のトリックを監修するのはいずれも人気ミステリー作家。

1話から10話の中に出てくるトリックを監修した作家は誰なんでしょうか?

発表されている作家さんを紹介します。

第一話:超大豪邸で起きた《磯子のドンファン殺人事件》

トリック監修 今村昌弘

第二話:目撃者がたくさんいるのに“犯人がいない”《女子高怪奇殺人事件》

トリック監修 藤石波矢

第三話:証拠も目撃者も何も無い《天狗殺人事件》

トリック監修 今村昌弘

第四話:トリック監修 周木律

第五話:トリック監修 降田天

第六話:トリック監修 藤石波矢

第七話:トリック監修 青崎有吾/松澤くれは

第八話:トリック監修 未発表

第九話:トリック監修 未発表

第十話:トリック監修 未発表

ネメシス(登場人物・キャスト)紹介

最終回までに、気鋭の新人俳優から名優・名女優、総勢75名以上

自称天才探偵:風真尚希(櫻井翔)

天才すぎる助手:美神アンナ(広瀬すず)

「ネメシス」の大黒柱:栗田一秋(江口洋介)

頭脳明晰な女子大生(アンナの親友):四葉朋美????

菅研究所所長:菅容子????

神奈川県警捜査一課メンバー

あの伝説の刑事に憧れる凸凹コンビ:タカ(千曲鷹弘)→勝地涼

あの伝説の刑事に憧れる凸凹コンビ:ユウジ(四万十勇次)→中村蒼

タカ&ユウジの子守役:小山川薫(富田望生)

20年前の事件の関係者

始の同僚:大和猛流????

教授、謎の失踪中(アンナの父):美神始???

第一話

スピード狂の女医:上原黄衣子????

第二話

調職人気質の道具屋:星憲章????

第四話

ナルシストなAI開発者:姫川丞位????

第五話

アクロバティックな料理人:リュウ楊一????

従業員:リンリン????

第六話

正義のジャーナリスト:神田凪沙????

第七話

美しきコンフィデンスマン:緋邑晶????

 

ネメシス・謎解き小説版紹介

小説版「ネメシス」は、3月12日の「ネメシスI」(著:今村)、「ネメシスII」(著:藤石)を皮切りに、講談社タイガーレーベルから随時刊行予定。

■3月12日刊行予定
「ネメシスI」(著:今村昌弘/脚本協力は第1、3話)

1985年長崎県生まれ2017年『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。同作は『このミステリーがすごい! 2018』、〈週刊文春〉ミステリーベスト10、『本格ミステリ・ベスト10』で第1位など、ミステリランキングを席巻。

 

「ネメシスII」(著:藤石波矢/脚本協力は第2話とスピンオフストーリー)

1988年栃木県生まれ。『初恋は坂道の先へ』で第1回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞を受賞し、デビュー。代表作となった「今からあなたを脅迫します」シリーズは、連続ドラマ化されている。

■4月15日刊行予定
「ネメシスIII」(著:周木律/脚本協力は第4話とスピンオフストーリー)

『眼球堂の殺人~The Book~』(講談社ノベルス、のち講談社文庫)で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『LOST 失覚探偵(上・中・下)』(講談社タイガ)、『雪山の檻: ノアの方舟調査隊の殺人』(新潮文庫)『死者の雨: モヘンジョダロの墓標』(新潮社)、『不死症(アンデッド)』(実業之日本社文庫)などがある。

 

■5月14日刊行予定
「ネメシスIV」(著:降田天/脚本協力は第5話とスピンオフストーリー)

萩野 瑛【はぎの えい】(主にプロット担当)と鮎川 颯【あゆかわ そう】(主に執筆担当)の共同ペンネーム。

「ネメシスV」(著:藤石波矢)

■6月15日刊行予定
「ネメシスVI」(著:青崎有吾・松澤くれは/脚本協力は青崎が第7話、松澤がスピンオフストーリー)

タイトルとURLをコピーしました