ネメシス第4話の感想とあらすじ・広瀬すずや前野えまの制服姿がかわいい

TV

ネメシス第4話 AIという名のもとに

ネメシス第4話あらすじ

今回の依頼者は、エリート女子高に常駐するスクールカウンセラーの雪村陽子(村川絵梨)。美術教師の黒田秀臣(水間ロン)が、昼休みに窓から校庭に転落。学校側は自殺で片付けようとするが、雪村は他殺を疑い犯人を突き止めてほしいと自称・名探偵(実際はかなりのポンコツ)の風真尚希(櫻井翔)に懇願する。一度は依頼を断るよう風真に指示する社長の栗田一秋(江口洋介)だったが、雪村の勤務先が”デカルト女学院”と聞くと、なぜか突然快諾。アンナをインドからの転入生として学院内部に潜入させ、風真は警察のタカ&ユージ(勝地涼&中村蒼)と共に外側から堂々と捜査を開始する。
JK達にチヤホヤされ分かりやすくテンションが上がる風真だったが、名門であるこの女学院は何より学院の名に傷がつくのを恐れていた。厳格な教頭の南禅寺光江(MEGUMI)は、捜査を16時までには必ず終わらせることを要求。生徒や教員達への聞き込み時間が全く足りない中、風真が急遽呼び出したのは、17歳にして世界から注目されるAI開発の天才=姫川烝位(奥平大兼)。かつて塾の講師をしていた風真の教え子だという姫川は、理屈っぽい変人キャラではあるが、JK達が(風真のことはすっかり忘れ)メロメロになる程の若きイケメン!あっという間に全員のアリバイと証言の真偽をAIによって割り出すことに成功し、アリバイのない4人を絞り込む。その頃JKとして潜入捜査をするアンナは、クラスメイト達から黒田が「生徒の夏本レナ(河合優実)と交際していたらしい」という情報を仕入れていた。そして、事件は思わぬ方向へと転がっていく…
一方栗田は、失踪中のアンナの父=始(仲村トオル)の行方に、この女学院の出身者である“菅容子”が関わっていることを密かに突き止める。初めて明らかになる菅容子の顔。20年前の事件の真相に少しずつ近づいていくが、何者かが栗田の動きを邪魔している気配が。

 

ネメシス第4話感想

第3話はちょっと残念な感じだっただけに、4話には期待したい。

毎回、トリックを楽しみにしたいのだが、なかなか、ドラマ内の情報だけで解決にまで持っていくのができないのが残念でならない。

さてさて、今回はというと、登場人物が女子高生に扮装して潜入捜査をするアンナ(広瀬すず)という事で、女子高生の制服姿が拝めてしまうのはとてもイイ感じ。

でも転向の際の自己紹介のシーンなど相変わらず、広瀬すずのスベる姿は、あまり見たくない。

天才探偵の風真(櫻井翔)とタカ(勝地涼)ユージ(中村蒼)、天才AI開発者として・姫川(奥平大兼)が新たに参加することに。

風真は横浜シーパラでバイトしていたことが発覚したけれど、今回は『塾の講師』もやっていたという経歴があきらかに。

姫川が風真のかつての教え子だったという設定みたいです。

前回の3話で登場した天才大学生の四葉朋美(橋本環奈)もチームネメシスの仲間入りのようで、今後も登場してくるものと思われます。

 

これはこれで楽しみが増えましたね。

今回、飛び降り自殺するのが美術教師の黒田秀臣役の水間ロン。

飛び降りがあった女学院の厳格な教頭役の南禅寺光江にMEGUMI。

生徒や教員達への聞き込み時間が全く足りない中、助っ人として風真が急遽呼び出したのは、17歳にして世界から注目されるAI開発の天才=姫川烝位役の奥平大兼

そして20年前の事件に関係していると思われる菅容子役の今村美乃

『遺伝子治療の未来』という本

菅容子さんは、デカルト女学院の卒業生だった事が明らかに。

在学中に遺伝子工学に関する論文を発表して、世界的に認められる天才高校生と言われるまでに。

これらのことから、美神始(アンナの父)から渡されたネックレスとの関係もありそうです。

そして、アンナの特殊能力とはどのような関係があるのか?

 

ネメシス第4話出演者

前野えま

森日菜美

 

タイトルとURLをコピーしました