【プレバト】炎帝戦予選通過者結果速報!夏井先生が好きな人は誰だ?次週決勝戦!!

どうも、ノムリンです。

今回の炎帝戦の予選の結果が出ました。

決勝戦に進めたのは、この3名だ!

スポンサードリンク

決勝進出者

3位

皆藤愛子(特待生5級)

「ラムネ瓶

浮かぶ未明の

五行川」

五行川がどこだかわからないなど

いろいろありましが静けさ、花火大火後の静けさを伝えたいなら

添削です。

先生の添削後

「ラムネ瓶  浮かぶ未明の  川しづか」

2位

千原ジュニア(特待生1級)

「渋滞や

花火の映る

ボンネット」

先生の添削必要なし!

ジュニアは過去の俳句の指摘事項をコツコツ丁寧に

学んで、ここで活かしたことが評価されていましたね。

夏井先生は大好きだそうです。(*’▽’)

1位

キスマイ 千賀健永(特待生1級)

「黒き地の

正体は海

揚花火」

17音に明暗のコントラストも言えていて

花火が上がった瞬間に、くらい地が海だと気づく

自らの実体験を詠んだ句。

まぶたに鮮やかに

情景が浮かんできます。

直しは無し!

以上3名が決勝進出しました。

敗退者は以下の通り

2018金秋戦予選トップ:ノンスタ 石田明(特待生1級)

悲願の予選突破か:立川志らく(特待生1級)

松岡充(特待生2級)

ミッツ・マングローブ(特待生3級)

タイトル戦初挑戦:キスマイ北山宏光(特待生5級)

皆藤愛子(特待生5級)

パックン(特待生5級)

まとめ

予選通過者が出そろいましたね。

今回の1位の句も2位の句も素人の私も

情景が浮かんできました。

それくらいわかりやすかったです。

でもこれを一句詠んでと言われると

なかなか浮かんでこない。

こうした言葉を思いつくのがすごいと思いました。

次週は決勝戦です。

下剋上もありそうな予感がします。

では。

スポンサーリンク
スポンサードリンク