【プレバト】炎帝戦 決勝俳句紹介!優勝者は?村上?梅沢?それとも?

どうも、ノムリンです。

今週は予選を勝抜いたメンバー3人を加えて決勝戦です。

スポンサードリンク

プレバト 夏の俳句タイトル戦「炎帝戦・決勝」

★絶対王者・梅沢富美男連覇なるか

2019年7月25日(木)
19:00~20:00の放送内容

今回のお題は

「波紋」

そう、あの、水面に広がる波紋です。

水以外の情報が無く、苦戦必至です。

下剋上もありえそうですね。

名人5人と特待生9人の総勢14人で戦います。

絶対王者”梅沢富美男(10段)が優勝なら 炎帝戦2連覇

フルーツポンチ・村上健志(10段)ならは春夏連続優勝

今回、村上は着物を王者にふさわしい100万はする着物で挑んできた。

もし今回勝ったら、次回は時計を王者にふさわしいのにすると。

梅沢さんがしているのは1000万の時計らしく、もし、村上負けるような事があれば

その時計をくれてやる発言まで飛び出した。

第1位 フルーツポンチ 村上武志

行間に

次頁の影

夕立晴(ゆだちばれ)

文章や会話の間「行間をよむ」

印刷物の行と行のあき

二つある

今回は意味を読み取る、嗅ぎ取るという事を言いたいのかな?

と思いながら次の中七にいくと

「次ページの影」これはありありとした映像を詠んでいるのだと

行間という言葉が化学変化を起こして

映像の言葉になってくる。

その言葉の化学変化をおこしているのが

季語の「ゆだちばれ」

さっきまで暗く激しい雨が降っていた

行間のページの影なんて全然見えなかったのに

え?影が。

その影が美しい、なんでと思うと、晴れている

ずっと没頭して夕立の間、本を読んでいたのだとわかる。

直しなし!

富沢ちゃんは波紋で勝負してほしかったと言ってましたが(*’▽’)

たしかにやられましたね。

1000万の時計はホントにあげるのかなぁ(;’∀’)

男に二言はないでしょうから、次回は梅沢さんの時計をしていることでしょう。(笑)

第2位 梅沢富美男

鯉やはらか

喜雨に水輪の

十重二十重(とえはたえ)

鯉をやはらかなんて表現なかなかできないですよね。

年を感じます。

良い句ではありましたが

第2位でした。

第3位 FUJIWARA 藤本の俳句 (10段名人)

プール開き

前のプールに

水馬(あめんぼ)

【解説】

プールを2回使うリズムも良い

「に」を「を」にする事で

水馬が動いているのが目に浮かぶようになる。

第4位 東国原英夫

飛び込みの

波紋広がりゆく

木陰

波紋の動きを作者はどこで見ていたのか。

木陰に近いところで見ていたなら

波紋広がりくる

そうした奥行きも作れる

作者としてはいったいどっちが言いたかったのか?

東国原さんとしては「くる」の方が言いたかった。

ちょいとミスチョイスだった。

第5位 kis-my-Ft2・横尾 4段名人

父語る

敬遠五つ

夏の雲

夏井先生の添削で、1位を狙える俳句に!

敬遠五つでわかることがたくさんある。

野球、強打者がいる事、敬遠などなど

この日の事が苦い経験なんだとしたら、苦さ、悔しがもう少し

入っても良い。

【添削】

敬遠五つ

にあの日の

雲の

こうすることで、厳しさが出てくる。

第6位 加藤愛子 (特待生5級)

ソーダ水

睫毛に跳ねる

泡涼し

ソーダ水も涼しも 季語で季重なりだが、気にはならない

また

ソーダ水 青し

にすると色

ソーダ水 甘し

とすると味にもなる

第7位 千原ジュニア 特待生1級

破れ傘

雨後の雫を

垂らしけり

季語:破れ傘(傘のように葉が垂れた植物)

マニアックな季語を知ってる事に夏井先生もびっくり

作者が千原ジュニアだと知って2度びっくりしてました。

一物仕立て(いちぶつじたて):17音全て使い季語のみを描写する手法

でジュニアは挑んだ。

つまり、17音全てを季語の「破れ傘」の説明だけに使った上級者技で

挑んだということ。

描写の精度で勝負をかけるという句であるという事。

最後の精度が甘かった。

さっきまで降ってたならその

を書くことができる。

「しとど」ぐっしょりとかびっしょりなんて意味

破れ傘

雨後の雫

しとどなり

第8位 Kis-My-Ft2 (特待生1級)

ギムレット

風死する夜に

鳴る淡海

風死する夜に何かが鳴ってる?おかしくない?

風が止んでいるのに何かが鳴ってるって。

千賀「携帯とかが。。。鳴ってる」

風死する

の湖喉さす

ギムレット

やはり、自分の経験してないことを書くと

見破られる。

俳句とはそういう文芸だと夏井先生

まとめ

やはり、俳句は、自分の経験を詠むのが一番

聞いてる人に響くんですね。

自分の経験から言葉をおこしていく事が大事なんですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク