私立中学と公立中学中高一貫校のメリットの比較

小学校

もうすぐ高学年、中学校の事考えてますか?

早いですね。子どもが大きくなるのは。

つい先日、小学校に入学したばかりかと思っていたら

もう小学3年生。

来年には4年生です。

中学校にはこのまま地元の学校に行ってもらう予定ですが。

私立中学受験を考えている方もいるんではないでしょうか?

そんな中学受験を考えている人もそうでない人も

ちょっと、この先の、こどもの進路について

考えてみませんか?

スポンサードリンク

こどもの個性を伸ばして成長につながる学校とは?

この子の個性とはどんな感じなのかな?

息子にとって、娘にとって一番最適な環境とはどんな

ものなのか、考えてみようかと。

まだ先だけど、行く先の進路は3つ。

①公立中学校

②私立中学校

③公立中高一貫校

この3つが一般的でしょうか。

個性は人それぞれだから、正解なんてないですけど。

選ぶポイントは何個かありそうです。

中学校選びのポイント①

うちはまわりに同じ小学校に通っている友達が大勢いるので

周りが受験するからうちも受験となってしまいがち。

でもこどもの為になるならそれも考えるけど。

まずは息子の意見を聞いてみよう。

そしたら、『このまま友達が大勢いる中学校がいい!』

といいます。

周りのお宅も中学受験はしなさそう。

中学校選びのポイント②

2つ目は、自分のこどもに一番メリットがあるのは

どこなのかを考える。

英語が好きで、得意なら、英語が大いに学べる

中学に行くのがよいだろうし。

運動が得意なら、この学校。

運動の中でも、この種目が強い学校に。など。

どんな人になってほしいのか。そういう親の

気持ちで選ぶのもありかもしれないけれど

小学校の高学年になれば自分の意見もはっきりとしてきている

と思うので、やっぱり、こどもの意見は尊重したい。

中学校選びのポイント③

中学受験をすると決めたなら家族で話し合おう。

情報収集も大事ですよね。

受かるための学習法もあるかもしれません。

お知り合いの先輩家族なんかもいたら

ヒアリングするのも手ですよね。

 

中学受験することのメリット、しないことのメリット

受験することで、デメリットを考えてしまうと

選択したことが失敗と受け止めてしまいそうなので。

メリットのみを考えた方がよさそうです。

受験するメリット

①早く進路を考えることで家族で話し合う機会が

もてるので子どもの将来について早い段階からやりたいことがはっきりとして

目標をもって人生を進めていける。

人よりも長い時間、好きなことができるので、

チャンスをつかめる可能性が高まる。

②中学時代の11歳から12歳は脳の発達が顕著で

あらゆるスキルの習得に適しています。

受験をする事で、高度な学習ができ、人間形成に必要な

あらゆる力が身につけることができる。

発想力、読解力、思考力など、現在の3年生は

プログラミングなども始まっていますので

より高度な学びができるのではないかと。

③受験して中高一貫校に入った場合は

高校受験という時間を費やすことがないので

6年間という長い期間、継続して取り組むことができるメリットが

ありそうです。

好きなことに熱中する事もできるでしょう。

 

うちの子はゲームが大好きなので『マイクラ』とか

ゲームを通じて学べるプログラミング学習

なんかが良いかもしれないと考えています。

小学生のプログラミングを無料体験を通じて考える



受験しないメリット

①受験勉強に時間が取られないので

好きなことに没頭できる。

近所の友達との『今』というかけがいのない時間を

共有し、一生の友達ができるかもしれません。

また好きなお稽古、プールや、野球、サッカー

公文、書道、などなど自分に合ったものに集中できます。

その後、高校受験の時に進路が固まっていれば、まだまだ

挽回が可能。

②これは親の側のことですが

学費が安いので、お金の負担が少なくて済む。

公立と私立ではとても差がありますから。

他の習い事などに費用を充てられる。

③一番これが大きいかもしれませんが。

地元の友達と学校に通っていける。

私も、今でも地元の友達と会うのは、小学校、中学校の友達が多いです。

私立中学と中高一貫校の違い

私立中学の学力試験では、学校で学んだ4教科のほかに

学習していない内容も含まれている。

準備をしないと、受からないかもしれないですね。

一方、中高一貫校では

総合力としての適性検査など。

私立の学習指導は学習指導要領の内容プラスαがカリキュラムとして

設定しているところも多い。

 

中高一貫校は『学習指導要領』に沿うものとなっています。

 

学費についてはもちろん私立が圧倒的に高い

私立の学費は『700万』前後

 

中高一貫校は

『300万』ほど。

 

まとめ

まだまだ先の事と思っていたのですが。

もう、年末も近づき、4年生もあっという間になてしまいそうです。

今後、こどもたちがどのようなことに興味を持つか

わかりませんが、こどもたちの意見を尊重しつつ

進路を決めていければと考えています。

皆さんも、家族で話し合ってみては

いかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました