1歳から始める?学習習慣が身につく通信教育(ベネッセBENESSE)

どうも、ノムリンです。

今回は1歳から始めている通信教育のベネッセについて。

現在、小学2年生になった息子が今も継続しているのですが

そんな1歳からベネッセをはじめて、現在では

小学生になるまで続けてみた感想レポートです。

0歳から始めるベネッセ

この時期、どんな知育玩具が良いのか、悩む人は多いのでは?

また、知育玩具の値段が意外に高いですよね。

また、そのような小さい赤ちゃん用のおもちゃを

見つけて毎回買ってくる場所も

近場にあるわけではありませんでした。

そんな時に、自分もやっていた教材、進研ゼミ、

いまではベネッセですが。

このベネッセの知育玩具が年齢に合わせて教材が届き、

また値段が月にして2,000円ほど

そうした理由から、ベネッセの通信教育を

始める事になったわけです。

毎回届くおもちゃは対象年齢を過ぎても

遊べる物が多く、長い間お世話になったように

感じます。

息子が使っていた物を妹が使えたりもしたので、

私のところでは大変長く使用できました。

幼稚園の頃の教材選び

文字が書けるようになったり、話が上手になってきたあたりから、

ベネッセ以外の教材も

目に付くようになり始めます。

妻は公文をやらせたいらしく、話し合いの結果4歳から

公文を始める事に。

ただ、私の個人的な思いから、

ベネッセは継続しようと提案しましたが

家計費からはお金を出してもらえなくなりました。

その為、私個人のお小遣いから捻出する事にしました。

5歳くらいになると、公文が忙しくなり、

私が継続しているベネッセは全く手が

付けられない状態になりました。

お金だけ払って、教材は一問も解かずじまい。

妻からも私の個人マネーなのに文句を言われる始末。

何とかしなければ、いろいろと調べていると、

当時紙ベースでの受講だったのですが

タブレットを使った教材があるというのをネットで発見。

息子は、当時スプラトゥーンのゲームが

大好き人間だったので、紙よりもタブレットなら興味を持つ

ハズと考え速攻、タブレットに教材変更しました。

私の狙いは的中しました。

一人で、進んで取り組むではありませんか。

しかも、基本問題、実力アップ問題、

もっと発展問題とレベルに応じて、問題を設定でき

料金は変わらずです。

基本問題を1か月で解ければよいのですが、

実力アップ問題も進んで

解いていくようになりました。

まだ、もっと発展問題はやる気をなくすといけないと思い、

設定してませんが、そのうち

解けるようになれればと思います。

その子の特性に合わせて、紙ベースか、タブレットか選べるので、紙ベースがうまくいかない

場合はタブレットもおすすめです。

小学生からのベネッセ

現在、息子が小学生になった今も継続中のベネッセですが、

タブレットでのメインレッスンは

かなり順調です。

何も言わなくても、自分から取り組めるようになりました。

毎月、24日までにその月の教材を終わらせるのが

目標となっているのですが、10日前後には全て

メインレッスンは終了しています。

ゲームや遊びが好きなこどもには、攻略したくなる仕掛けが

たくさんあります。

自分のころにもこんな教材があったら、

もっと勉強が好きになっていたかもしれません。

現在は、「考える力プラス」も追加して受講してます。

これは紙ベースです。

ちょっと発展形ですが、気が向いた時に

一緒に解いています。

この教材の中には、2年生ではまだやらない

理科も入っており、毎回実験セットが入っているので

楽しみながら、勉強をしてます。

まとめ

継続してわかった事は

何事も小さいころからやると

意外に長続きするという事。

また、その子の特性に合った教材に変えてあげることで

モチベーションがあがり続くという事。

いろいろと試してみてはいかがでしょうか。では。

スポンサーリンク
スポンサードリンク