長寿長生きの方が食べている朝食ランキング20【林修今でしょ!3時間SP】

TV

どうもノムリンです。

健康長寿の方がたはどんな朝食をとっているのでしょうか。

第2位から1位です。

スポンサードリンク

第2位 卵

朝食で食べると筋肉が付きやすいから長生き

フレイル:筋肉の低下することで歩行速度などが低下したり

全身の身体機能が低下していく状態の事

こうした状態がひどくなると転倒して骨折などになりかねない。

そうならない為にも、筋肉をつける必要がある。

その筋肉をつけるのを助けてくれるのがタマゴなんですね。

朝食で食べた方がいい理由とは

テキサス大学の最新の研究では

朝、昼、夜と均等にタンパク質を摂取すると

筋肉の合成に良い影響を与えることがわかっているといいます。

昼や夜はタンパク質を多くとっていると思いますが

朝はとれていないのではないでしょうか。

その為、朝に摂取して、均等に取るようにした方がよいと。

朝も、昼も、夜も均等に取れているなら、朝でなくてもよさそうですね。

タマゴは1つで6gから7gのタンパク質を摂取できる。

2個食べれば約15gとなりますので。

参考にしてください。

たまごでタンパク質をとる理由

朝に卵を食べることで満腹感が持続するという事もわかっている。

タンパク質をとると、満腹ホルモンのレプチンがでて

もう食べなくていいよという信号を送ってくれる

その為、ついつい食べ過ぎてしまう秋太りにも効果的なんだとか。

ポイント:卵とトマト【緑黄色野菜】を一緒に食べると栄養的なメリットが

それは、筋肉の衰えと戦うカロテノイド

の吸収率がUPするといいます。

筋肉は加齢とともに酸化して衰えていく。

その酸化を抑えてくれるのが緑黄色野菜に含まれるカロテノイド

トマトがダメなら、ケチャップでも代用が可能みたいです。

タマゴと相性の良い食べ方

卵かけごはん

これに、ミネラルの多い海苔を巻いてたべるのもとっても良いそうです。

その他、シラスも骨を丈夫にしてくれる

半熟オムレツ

タマゴを2個使い手軽にタンパク質を摂取

半熟なので筋肉に役立つびたみんDの損失が最小限である。

第1位 ヨーグルト

健康長寿の方が一番食べていたのはヨーグルトでした。

そのままで食べている人もいましたが、フルーツと合わせて食べると

腸だけでなく、骨も丈夫にするらしい。

なんで、ほねが強くなるんでしょうか?

ヨーグルトにはビタミンCがほとんどない。

骨の内部はタンパク質が固まったものであり、そのタンパク質同士をくっつけるのに

必要なものがビタミンCなんだそうです。

つまり、たくさんカルシウムをヨーグルトでとっても

ビタミンCがなければ丈夫な骨が作れないんですね。

まとめ

朝食ではヨーグルトを食べるなら、フルーツと一緒に食べるべき。

健康な、骨を作るのにも欠かせないという事でしたね。

明日から、真似してみたいと思います。

まずは、ヨーグルトにフルーツは今までやっていることがありましたが

最近食べていませんでした。

明日からやろうっと。(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました