あらすじ「恋の記憶、止まらないで」斉藤由貴主演2019秋特別編【世にも奇妙な物語】

TV

土曜プレミアム・世にも奇妙な物語 ’19秋の特別編【ストーリーテラー:タモリ】

今回斉藤由貴さんが出演するのは1994年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」

の「出られない」というストーリー以来、25年ぶりの「世にも奇妙な物語」の出演となるようです。

1990年10月放送の「世にも奇妙な物語 秋の特別編」の「絶対イヤ!」

にも斉藤は出演しており、今回が3回目。

以前の2回の物語はコメディ調でしたが、今回はホラーよりみたいですね。

斉藤由貴さんは

「『世にも奇妙な物語』らしい、王道をいく作品なので、新しいジャンルの作品に挑めることもうれしいです」とコメントしています。

「恋の記憶、止まらないで」エピソード(あらすじ)

シンガーソングライターの村瀬志保は昔のように曲を作ることができなくなった

ばかりか、作ったとしても誰も聞いてくれなくなって正直焦っていた。

新曲を作ることができず、ファンから見放され、SNSにも辛辣なコメントが並ぶようになってしまう。

夫の中居賢治からも呆れられる始末に。

そんなある日、志保はうたた寝をして夢を見た時に

流れてきたメロディが忘れられず新曲として発表することにした。

その時に見た不思議な夢の中で流れていたメロディーをもとに新曲を作り上げた。

早速その曲をライブレストランで披露したところ、急に客たちが食事の手を止め、歌に聞き惚れ、志保に注目し始めたのだ。

さらに、配信ランキング4位にランクインし、あっという間にヒットチャートの仲間入りを果たしたのだった。

SNSにも好意的なコメントが並び、新曲は軒並み好評だった。

しかし、ある日の夜、志保はその新曲のメロディを聞いて愕然とした。

そのメロディは幼少期の志保が出演していた番組のCMに流れていた曲だったと気がつくのだった。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました