「恵美論」あらすじ結末(ラスト)と白石聖wiki的プロフィール【世にも奇妙な物語】

土曜プレミアム・世にも奇妙な物語 ’19秋の特別編【ストーリーテラー:タモリ】

「恵美論」あらすじラストは?

授業中うたた寝をしていた女子高生の恵美(白石聖)が、

ふと起きると講義がなんと「自分を論じる学問」に!

そして恵美論が好きだという男子生徒も現れ…。

吉村恵美はある日の授業中に不意に居眠りをしてしまう。

次に目覚めた時には何と恵美の生い立ちや家族構成を教師が生徒に教えている光景が

広がっていた。

え?どういう事?歴史上の偉人でもない自分が?

しかも教科書の名前も恵美の名前を模した「恵美論」に変わっており、

あまりに突然のことに当の恵美は驚きを隠せない。

他の教科書、たとえば「日本史」や「物理」なども「恵美論」が元に

なっているという構図になっていたのだ。

更に授業は恵美の身体や恋愛にも発展していき、

恥ずかしさのあまり恵美は精神的に耐えられなくなる。

放課後、学校で1番のイケメンである伊澤亮介にぶつかってしまったが、

その手に「恵美論」があることに気づいた恵美は「恵美」が好きだ

という亮介の言葉に舞い上がってしまう。

この結末は?どうなってしまうのか?

恵美論ラストの結末は?予想【世にも奇妙な物語】

放送後に記載したいと思いますが、普通にいけば、夢でした。

なんてのがオチですが。

世にも奇妙な物語でそれは無いでしょうからね。

たのしみですね。

みんなが自分の歴史を勉強している。

問題

恵美の将来の夢で現在文献に残っている最古のものは?

答え:ぷるるん星人

問題

父・和史が無断で恵美の部屋に入ったことにより勃発した

第4次親子戦争。この戦いで恵美陣営についたのは?

答え:かずよおばあちゃん。

問題

近年、恵美が密かに練習しているまだ人前で披露したことのない特技とは?

ボイスパーカッション

などなどの自分の事が問題になっているんですね。

ただ、自分の事だけが問題になるわけではなく

その他の人もすべて問題になってしまうらしく

恵美が好きになった人の事も授業で取り上げられており

そこで恵美は人文の好きな人が実は、スケベな女ったらし

だという事を知ってしまうのだった。

その、失恋をバネに哲学論などにも恵美は結果を残すのだった。

キャストは白石聖プロフィール紹介

吉村恵美 – 白石聖

伊澤亮介 – 山下航平

氏名:白石聖(しらいしせい)

生年月日:1998年8月10日(21歳)

血液型:A型

身長:158㎝

白石さんが学生服を着たところはなかなかファンにはたまらないでしょうね。

今回演じた吉村恵美というのは

少し流行り物に流されやすく、勉強に恋愛に青春真っただ中の日常を過ごす、

“ザ・女子高生”とのこと。

自分では理解しがたい奇妙な出来事が起こりつつも、

どこか楽観的な部分が魅力のキャラクターだと思ったので、

移ろいやすくコロコロ変わる感情を大切に意識しましたとのこと。

世にも奇妙な物語2019年秋特別編

他の話はここから見れます。

「鍋蓋」杉咲花

「恋の記憶、止まらないで」斉藤由貴

「コールドスリープ」ムロツヨシ

「ソロキャンプ」板尾創路

まとめ

女子高生の日常から、非日常へいきなりテレポートしたら

どんな反応をするでしょうかね。

理解しがたいものを受け入れることができるのでしょうか?

それより、いつもの日常に無事に戻ってこれるんですかね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク