健康長生き朝食ベスト20ランキング発表!長寿の秘訣は朝ごはん!【林修の今でしょ!講座3時間SP】2019年10月22日

TV

林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル

どうも、ノムリンです。

林修の今でしょ!講座3時間SPは

日本全国の健康長寿を大調査「秋の長生き朝食ベスト20」大発表3時間SP!

2019年10月22日(火)  19時00分~21時48分  の放送です。

○○を食べると胃潰瘍を防ぐ

1日1個の○○で死亡率が4割減

○○を食べるとインフル撃退

などなど、知っておくと健康に良い事がたくさん紹介されます。

秋の健康診断の季節になってきましたからね。

30代、40代、50代のみなさん健康には気を付けましょうね。(^_-)-☆

10代、20代は関係ないと思っていても、あっという間にきますからね。

知っておいて損はないと思います。

そう言っている自分も胃カメラ、大腸検査などいろいろと受けてきて

ちょっと胃潰瘍気味らしいので「○○を食べると胃潰瘍を防ぐ」っていうのがとても

気になるところです(;’∀’)

ストレスから来てるのかな?(笑)

スポンサードリンク

林修の今でしょ!講座3時間SP日本全国の健康長寿を大調査して判明!

健康長寿を大調査!長生きの秘訣は朝食だった!

長生きの秘訣は毎日の「朝食」だった!

その驚きの栄養パワーと、メニューを大発表!!

今回は「秋の朝食」というテーマで全国の582人の健康長寿に普段何を食べているのか

朝食メニューを調査し、ランキングが完成!

それを医学的に検証したら、最新研究などで理にかなった食べ方が目白押しだった!

「○○を朝食の最初に食べると、胃の粘膜を守り胃潰瘍を防ぐから長生き」

「1日1個の○○で死亡率が4割減って長生き」

「○○を食べるとインフル撃退!免疫力アップするから長生き」

果たしてこの時期食べた方がいい秋の朝食とは何なのか?

これを観ると明日からの皆さんの朝食が変わる!

「秋の長生き朝食ベスト20」を大発表SP!

林修の今でしょ!講師紹介

上原万里子 講師

「世界一受けたい授業」にも出席されている先生です。

上原先生の略歴を紹介します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1988年 東京農業大学大学院 農学研究科 博士後期課程 修了(農学)
1997年 同大学 農学部 栄養学科助手・1998年 同助教授
1998年9月~1999年3月 ヘルシンキ大学医学部 博士研究員
2007年 東京農業大学 応用生物科学部 栄養科学科 准教授
2008年 同教授
2014年 東京農業大学 応用生物科学部 食品安全健康学科 教授 現在に至る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最新研究で明らかになった

美容と健康の救世主「エクオール」とは!?

エクオール は、腸内細菌によってイソフラボンの一種みたいですね。

イソフラボンてよく大豆とかに含まれているものでしたよね?

そのエクオールの効能は

①肌のシワ改善
②更年期症状の軽減
③要介護 死亡リスクの低下
など様々な効果があるといわれるエクオールは、
他にもあるものを強くする効果があります。
一体、何を強くするのでしょうか?

正解は…

エクオールは骨密度の減少を抑制してくれるといいます。

エクオールを体内で作れる人の共通点として、
ある飲み物をよく飲む人が多い、という結果が出ています。
何を飲んでる人でしょうか?

正解は…緑茶

緑茶は日本人なら飲む機会が多いと思います。

意識して飲むようにしていくといいかもしれませんね。

下方浩史 講師

下方講師は出版されている本がありました。

「養生訓」とは江戸の大ベストセラーの事みたいですね。

「養生訓」が発刊されて300年。人生の達人・貝原益軒の実証的な健康法と

最新の予防医学をもとにしたセルフケアのお話。

心をしなやかにし、体をすこやかにする生活習慣のすすめが書かれています。

目次 :

第1章 セルフケアの名著『養生訓』と最新の予防医学

第2章 心を元気にする知恵とケア

第3章 食養生こそ健康の基本

第4章 未病を治す知恵と現代医学

第5章 元気で人生を楽しむ生活習慣

第6章 健康で朗らかな長寿のために

「養生訓」に学ぶ!病気にならない生き方 元気で人生を楽しむために大切なこと

小久保喜弘 講師

小久保講師も本を出版されています。

からだがよろこぶみそ料理 miso

みそと健康のプロが提案する本。塩分1.1g以下のみそレシピ革命。

こちらも、日本人ならなじみの深い味噌についてです。

目次 :

みそ汁/ レシピがぐんと広がるかんたんソース&ドレッシング/ 主菜/ 作りおきおかず/ こどもおかず/ 副菜/ 主食/ デザート/ みそおかずでヘルシー弁当

戸塚護 講師

林修の今でしょ3時間SPに2018年5月にも出ており

その中で先生は牛乳について話していた。

健康長寿1000人が朝よく飲む飲み物は牛乳であると。

8割以上の健康長寿の人が牛乳を毎日飲んでいたといいます。

牛乳を1日1杯飲むと認知症のリスクが減る、筋肉が衰えないというのです。

林修さんは50歳まで1日1リットル飲んでいたと話していました。

また講師の戸塚護先生も1日2杯飲むといいます。

牛乳に含まれるカルシウムが脳を老けさせない効果があり、

カルシウム摂取量が減ると海馬の機能が低下する。

カルシウムは情報の運び屋といわれるほど。

認知症対策に必要不可欠な飲み物なのです。

牛乳のカルシウムは吸収率が小魚よりも上だといいます。

牛乳に含まれるカゼインがカルシウムの吸収をアップさせます。

牛乳で一番飲むのを躊躇する人はお腹を壊すからではないでしょうか?

お腹を壊しづらくするには、少しずつわけて飲む、ホットミルクにするなどの対応を。

温めて壊れる成分はあまりないので温めても大丈夫との事。

認知症のリスクを減らす牛乳パワー。

食事前に飲むとカルシウム吸収率アップ、熱を通しても栄養成分は壊れない。

そして、もう一つ認知症について

■脳を老けさせない食べ物としてコーヒーが挙げられていました。

そのコーヒーと一緒に食べるとより脳を老けさせない食べ物を出演者が予想。

正解はビターチョコレート。

クロロゲン酸とカカオポリフェノールのダブル効果で脳を活性化するらしいです。

もう一つの正解はミックスナッツ。

レシチンが脳を活性化させる。

コーヒーは食前、ブラックか豆乳を入れて飲む。

量は1日3~4杯が良いそうです。

本橋登講師

フルーツ秘密のパワー! ダイエットからガン予防まで

グレープフルーツをはじめ、バナナやナシ、柿などの身近なフルーツをとりあげ、

健康維持や病気の予防にも効果的なフルーツの機能性を解説。

無理なくやせられてキレイになれる、フルーツによるダイエット法も紹介。

秋の長寿健康「朝食ベスト20」ランキング

今回の放送で紹介された朝食を記載していきますね。

長生き朝食ランキング20【林修今でしょ!3時間SP】

ここからは、番組で紹介されたランキングをご紹介します。

第1位 ヨーグルト
第2位 卵
第3位 バナナ
第4位 納豆
第5位 牛乳
第6位 血管筋肉を老けさせない味噌汁
第7位 トマト
第8位 コーヒー
第9位 豆乳
第10位 リンゴ
第11位 ハム
第12位 チーズ
第13位 レタス
第14位 漬物

第15位 インフルエンザ予防には鮭!アスタキサンチン

第16位 キャベツ
第17位 ソーセージ
第18位 豆腐
第19位 ブロッコリー
第20 野菜ジュース

まとめ

食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、健康の秋になるように

今回の健康長寿の方々の朝食ベスト20を参考に取り入れていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました