マツコにそっくりな笑える観音様特集(水戸郷土カルタの愛称問題)【月曜から夜更かし】

【月曜から夜更かし】全国ご当地問題

ここでは、水戸市のご当地カルタで愛称が独特との事で

見てみることに。

子どもたちがつける愛称って独特ですよね。

小学校からの愛称が今でも、同級生と集まると呼び合ったりしますよね。

スポンサードリンク

2020年2月3日放送の月曜から夜更かしで気になったところを

記事にしてみました。

水戸市の郷土かるたの愛称問題

水戸市の名産や文化遺産が描かれた学習用カルタ

その愛称が「マツコカルタ」というらしい。

なんでマツコカルタというのか?

理由は。。。

こちらの札がマツコにそっくりだから(笑)

せ:善重寺 みずら姿の太子像

仏像を保安するお寺の方は、国の重要文化財なので

マツコさんではなく、聖徳太子として覚えてほしい。

との事。

でも子どもたちは?

マツコ・デラックスーとはしゃぎまくり(;’∀’)

マツコに似ているもの各地に存在する説

茨城県 波切不動寺

こちらにある、「白衣観音」

安産にご利益があるというマツコそっくりな仏像

兵庫県 智禅寺

八臂宇賀神弁財天はっぴうがじんべんざいてん

インドで生まれた8本の手を持つ水の神様

岐阜県 茶房 布久庵

こちらの喫茶店にある絵画のマツコ(笑)

およそ100年前からここにあるという絵画

詳細は一切不明だといいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マツコさんに似ているものは探すといろいろありそうです。

全国のマツコさんを探してみてはいかがでしょうか(^_-)-☆

スポンサーリンク
スポンサードリンク