もこみち輪島で課外授業!魚嫌い克服給食メニューは”サバのロコモコ風”【人間観察モニタリング】

TV

もこみち先生石川県輪島市でモニタリング

石川県輪島市で魚嫌い克服なるか?

もこみち先生が魚嫌いな子ども達のために石川県輪島市で絶品給食作りでマジック炸裂!

美味しいと言うのか!?

魚嫌いを克服するために来たのは輪島漁港。

そこでは水揚げされたばかりの魚たちが。

その中にはこんな魚が。

そう、のどぐろです。

輪島では「のどぐろ」は年中とれるのだそうです。

東京では、高級魚で1万くらいしますが、こちらではいつでも食べられるんですね。

なんでのどが黒いのかというと

深海にすむのどぐろは獲物を捕まえるときに口の中が白いと獲物を逃してしまうので

黒くなったと言われているそうです。(諸説あります)

サバのロコモコ風を作ろう!

子供が魚を嫌いを克服するためにもこみち先生が用意したのは

「サバのロコモコ風」

どんな感じになるのかな?

まずは玉ねぎをみじん切りに

もこたん先生のバックハグに女子たちはメロメロ💚

続いては

能登のミニトマト

これを半分にカットしてフライパンにオリーブオイルを

そこに先ほどの玉ねぎと、ミニトマトを入れて炒めて

ケチャップ、ウスターソース、コンソメ顆粒を入れて煮込めば

ソースは完成!

サバは酒、塩コショウで下味をつけたところで

卵黄をといたものを、ハケで塗る。

白ゴマと黒ごまを合わせます。

それを先ほど卵を塗ったサバにまんべんなくつけます。

それを焼いてあとは盛り付け。

ごはんの上にさっきのソースをのせます。

そして、野菜をのせて、最後にロコモコに欠かせない

目玉焼きをのせれば、出来上がり!

魚くささもなく、魚嫌い女子もおいしいっていってもらいました。

その他の輪島市のお祭りや工芸品

輪島かにまつりについて

日本海側有数のズワイガニの水揚げ港「輪島」ならではの、“かにづくし”の味覚の祭典が開催されます。

輪島カニ祭り基本情報

名称 輪島かにまつり(わじまかにまつり)
所在地 〒928-0008 石川県輪島市マリンタウン
開催期間 2019年11月17日  9:00~14:00 ※悪天候等の時は中止となる場合あり
開催場所 石川県輪島市 マリンタウン特設会場
交通アクセス JR「金沢駅」から輪島特急バス「輪島マリンタウン」下車
主催 石川県漁業協同組合輪島支所(能登わじま海物語実行委員会)
料金 入場無料
問合せ先 石川県漁業協同組合輪島支所(能登わじま海物語実行委員会) 0768-22-1485
ホームページ http://www.ikwajimagyokyo.jf-net.ne.jp/

輪島市の工芸品【人間観察モニタリング】

石川県の輪島市といえば、その輪島という名前からも聞いたことがある人も多いと思いますが。

輪島塗です。

輪島塗(わじまぬり)とは、石川県輪島市で生産される漆器のことですね。

見たことあると思います。

まとめ

実際に、実物の魚を見ることで身近に感じてもらうことの重要性。

何より、みんなで外でピクニックみたいに食べるのがいいのかもしれません。

最後は魚も克服できてよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました