【沸騰ワード10】カズレーザー自衛隊LR-2航空機、コブラAH-1Sヘリコプターを体験

TV

沸騰ワード【中村倫也も衝撃…自衛隊の超精鋭部隊にカズ潜入&浅田真央の夢が実現】

2020年5月8日(金)  19時00分~20時54分  の放送内容

いままでも、駐屯地巡りをしてきたカズレーザーこと

カモレーザー!

今回はどんな精鋭部隊に潜入するんでしょうかね(^^)v

楽しみです。

スポンサードリンク

沸騰ワード【中村倫也も衝撃…自衛隊の超精鋭部隊にカズ潜入!】

2020年5月8日(金)  19時00分~20時54分  の放送内容

 

木更津駐屯地(陸上自衛隊)2019年12月27日放送分

ここではカモレーザーが愛氏てやまない「コブラ」が

初お目見えという事もあり、めっちゃテンションが上がってましたね。

ここでもお着替えして迷彩服姿に!

プチ情報として、迷彩服のこの足の太もものところの

こちらのパーツは、航空経路などの紙を

挟めるようになっているんですねぇ~。

細かい気配りで行き届いてます。

木更津駐屯地

陸上自衛隊で最多のヘリや航空機がある最重要拠点であります。

東京ドーム24個分の広さとなってます。

この自衛隊の撮影で来ると、東京ドームが小さく感じてきましたね(^_^;)

基地内の本部庁舎は木更津で8番目に高い建物だそうですが

なかなかピンとない、微妙な高さです(;’∀’)

この駐屯地で今回はテレビ初の装備品などを紹介してもらいます。

LR-2(木更津駐屯地)

最新型、航空機LR-2

偵察用航空機で広範囲を偵察できる。

こちらの航空機、偵察機なのに、迷彩柄じゃなーい!と思ったあなた

こちらは、空の迷彩、下から見るとねずみ色、上から見ると雲の白色

となっており、航空迷彩となっているんです。

知らなかったぁ。

この航空機の目的・任務

敵情の偵察、被災状況の確認、指揮官の移動などに使用されます。

近年各地で続発する自然災害この被害状況などを把握して

救援部隊の迅速な派遣につなげることなどにも役立っています。

 

飛行訓練(航空偵察)

初公開の訓練

偵察目標を決めて、偵察を実施する。

今回、カモレーザーが登場をさせてもらった席

パイロットのすぐ後ろは

指揮官席で、超一握りの人しか座れない場所。

カモレーザーはそこにすわらせてもらったんですね。

LR-2の飛行能力

こちらの航空機は特殊な飛行ができるんです。

離陸も通常の飛行機よりもかなり早いんです。

しかも、角度(バンク)が最大60度まで傾けることができるといいます。

25度、45度、とこの角度で地上を見るとはっきりと

地上を見渡すことができます。

 

45度でもかなりの角度

真横になった感覚(;’∀’)

偵察機だから、地上の様子をはっきりと見ることができるように

設計されているんですね(;゚Д゚)

そして、角度を付けて下が見える状態で

高性能カメラで地上を撮影もしています。

CANONとかのカメラかな?

こちらの写真は司令部に提出され部隊の配置をどうするか

判断する材料になるんですね。

第4対戦車ヘリコプター隊

AH-1S(コブラ)ヘリコプター

カモレーザーが憧れて大好きなヘリコプターです。

世界初の戦闘型ヘリコプター

総火演でも3㎞先の小さい的をぶち抜いていましたよね。(^_^;)

コブラ装備品

70㎜ロケット砲

19発の砲弾が入る

ロケット砲は火をつけたら自分の

燃料で飛んで行くので自墳砲ともいう。

アンビリカルケーブル(へその緒、臍帯さいたい)でつないであり

ボタンを押すことで点火される。

1発100万はするという弾です。

20㎜機関砲(ガトリング砲)

3つの銃身が回転して下に来た時に発射される。

1つの銃身ではすぐに熱くなってダメになってしまうが

3つを回転させながら撃つことで銃身がアツくなりすぎないようにしている。

弾の装填と銃身の冷却を同時に行う銃をガトリングという。

ガトリングという人が作った。

ガン振り

コードが付いたヘルメットをかぶり見渡すと

頭の動きに連動して銃身が動くという、なんとも

恐ろしいヘリコプターです。(;’∀’)

めっちゃ照準が合わせれそう。

まとめ

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました