カズレーザーが憧れた航空自衛隊のチヌークを紹介!貴重コックピット、訓練画像有【沸騰ワード10】

どうも、ノムリンです。

自衛隊には陸上、航空、海上と3つありますが

今回カズレーザーが小さいころからあこがれていたというチヌークに

会いに行く事に。

チヌークってなんだかわかりますか?(^^♪

チヌークがあるのは航空自衛隊です。

スポンサードリンク

航空自衛隊チヌークをカズレーザーが紹介

チヌークとは航空自衛隊にあるこのヘリコプターの事です。

CH-47J「チヌーク」

今回紹介していただけるのは

虚空救難団入間ヘリコプター空輸対

阿部3佐

チヌークパイロット

航空自衛隊ヘリコプターチヌークのスペック

日本最大級のヘリコプター

1つのプロペラで3000馬力2つあわせて6000馬力

この1機でF1マシン8台分のパワーが。

ヘリコプターの下にはフックがあり最大12トンまでの物を輸送可能

戦車、装甲車などの輸送も可能

山火事などの際にはこの7.5トンも水が入る巨大バケツを搬送する。

すごい大きい(;’∀’)

このように、道が分断されてしまった場所に人と車両を搬送して

人名救助に向かう事もできる。

そしてコックピットも入らせてもらうことに

計器、ボタンがたくさんありますね。

右手で操縦かん

左手はCTレバーを握り

両足はペダルに乗せて操縦スタイル完成です。

飛行訓練に同乗のカモレーザー

迷彩服を自衛隊からプレゼントされ

カモフラージュを着た

カモレーザーに。

最高速度は260㎞/h以上に

出窓タイプになっており災害救助時にはここから

被災者などを見つけられるようになっている。

出窓からみるとこんな感じ。

でも、こんな高い位置から見つけるのはとっても

難しいはず。

毎日の訓練が欠かせないですね。

重症者の搬送も担うので着陸時もソフトタッチな着陸でした。

機外懸吊訓練

高難度、超低空飛行でのホバリングでヘリコプターを静止状態に保ち

そこにフックに荷物をかける。

おみごと!

6000馬力の風はすごかった(;’∀’)

入間航空祭

2019年11月3日(日)09:00から15:00

上記日程で入間航空祭が行われるので、皆さんもぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

まとめ


空自衛隊のチヌークは災害時などに活躍するヘリコプターだった。
まとめ

このほかにも航空自衛隊には多くの飛行機があるので見てみたいですね。

入間で航空祭が行われるので、ヘリコプターや飛行機に興味がある人は参加

してみると面白いかもしれませんよ。(^_-)-☆

スポンサーリンク
スポンサードリンク