パンサー尾形入院の虫垂炎とはどんな炎症?

タレント・芸能人

パンサー尾形が手術する虫垂炎とは?

パンサー尾形さんは43歳。

同い年の私としては、今回手術までするという虫垂炎が

気になります。

いったいどんな病気なんでしょうか。

スポンサードリンク

虫垂炎って?

なんて読むかからわからない人もいますよね。

「ちゅうすいえん」と読むのですが。

虫垂とはどこなんでしょうかね。

胃とか小腸、大腸などは知ってますが。

虫垂ってどこにあるの?

これを見ると、盲腸のとなりですね。

一生のうちに7%の人がなるらしいですが。

かなり低い確率?高いのか?

どちらかわかりませんが。

虫垂が炎症を起こし化膿している状態のため、

放置すると虫垂内に膿がたまり、

それが右下腹の痛みの原因となるようです。

こうなってしまうと発熱も生じるらしく。

さらに悪化すると穿孔せんこうし、膿が腹腔内へ流れ出て

腹膜炎をも併発しかねないため、注意が必要といいます。

穿孔:穴が開くこと
腹膜:肝臓・胃・小腸・大腸といった腹部の臓器の外側と、内側の壁、横隔膜、骨盤底などを覆っている膜のこと。
ようするに、虫垂炎とは、世に良く聞く、『盲腸』の事なんですね。
盲腸になるとすごく下腹部が痛くなるっていいますよね。
なったことないからまだわからないのですが。
尾形さんも、今は、元気で痛みもない様子ですが
手術することに決めたんですね。

虫垂炎の典型的な症状

右下腹部が傷みます。
右の腰骨とおへそをつないだ線の外側3分の1の場所あたり。
みぞおちからおへその上あたりの痛みから始まります。
4~6時間後から吐き気、食欲不振が現れ、
そのあと右下腹部痛、発熱と続くといいます。
虫垂炎だと判断するには、痛みが移動することがポイントですね。

虫垂炎にかかりやすい年齢は?

虫垂炎はどの年齢にも起こりますが、
10~30歳代の若い人に多く、
小児では重症化しやすいと言われています。
パンサー尾形さんは43歳ですから
薬で散らしたりもできたんではないでしょうか?
でも尾形さんは
「今年受けた人間ドックで虫垂に炎症が見つかり
水も溜まっているようなので、僕はいたって元気なのですが
ちゃんと見てもらう為に手術することになりました!!」
とツイートしています。
そして、「今日からしばらく入院します!!」とツイート
お子さんと一緒に写っている画像とともにツイートされていました。

まとめ

40代は働き盛りであると同時に

いろんなところに病気や不具合が出てくる年齢なので

定期的に健康診断は受けていくようにしましょうね。

尾形さん、元気でまたテレビに復帰してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました