タンメンおいしい取材店をご紹介!最強食べあわせランキング【マツコの知らない世界】

マツコの知らない世界:タンメン

1万2000食のラーメンを食べた山本剛志さんが

おすすめするのはタンメン。

野菜たっぷりで食べるのに罪悪感がないと人気です。

太る心配もない?

というといいすぎですが(笑)

今回はそんなタンメンの世界をご紹介。

2019年12月10日放送

スポンサードリンク

タンメンとは。。。

炒めて煮込んだ野菜汁をスープにした麺料理の事

炒めたり煮込んだりした時に出る野菜の旨味がベース。

野菜の栄養と旨みがスープに凝縮されて野菜ジュースのような

感覚で食べられる。

こだわりの調理法によって究極の野菜ジュースに!

そのお店がこちら!

天龍のタンメン 825円(亀戸)

天龍

亀戸駅から徒歩5分。1967年創業の中華料理店。

野菜ジュースにするこだわりの調理法。

まずはニンジンを薄くスライスすることで

旨みがスープに溶けだしやすくなる。

キャベツも同様になんですが、芯まで使用します。

芯はみじん切りにする事で栄養・甘味がスープに

溶けだしやすくしている。

普通は野菜は炒めてから煮込むのですが

天龍の場合は炒めずに最初から煮込んでしまいます。

こうすることで、炒める時の「油」「焦げ」がスープに入らない

ようにしているのです。

つまり、野菜の味だけを堪能できる。

こちらのタンメンは、女性や、家族連れのお客様も来店し

人気なのだそうです。

天龍
住所:東京都江東区亀戸6-56-9
電話番号:03-3682-4176
営業時間:11:00~14:00,17:00~23:00
定休日:月曜日

タンメンしゃきしゃき(東京・新橋)

新橋駅から徒歩4分。

「タンメン」「ギョウザ」のみの専門店。

OLなどの女性にも人気のお店。

タンメン 800円(税込)

こちらのタンメンの特徴は、炒めずに煮込む。

店名にもあるように、野菜のシャキシャキ感を追及して

います。

その調理法が、鍋に入れたスープと野菜をもやしでフタをして

蒸す形で調理します。

そして、鍋を振らないし野菜を混ぜません。

こうすることで、野菜の水分が蒸発しにくくなり

シャキシャキとした食感に。

食べ過ぎちゃったなあという時には

なんと、裏メニューで「麺無し」も頼めます。

値段はどちらも800円です。

タンメンしゃきしゃき
住所:東京都港区新橋4-6-7
電話番号:03-3437-7222
営業時間:12:00~16:0018:00~22:30
定休日:不定休

タンメンの最強の食べ方

3位:タンギョウα(アルファ)

東京タンメン トナリ 東陽町本店(東京・東陽町)

東陽町駅から徒歩5分。「タンメンとギョウザ」の店。

確か「タンから」タンメンとからあげもあったと思うのですが。

調べたら、ありましたね。

タンからギョウも、タンメン、唐揚げ、餃子ですね。(;’∀’)

☆タンメン730円(税込)

野菜を炒めることで香ばしさがアップ!

☆餃子 300円(税込)

スープに入った生姜がアクセントに。

こちらの生姜は、食べに行くとわかりますが

入れるか入れないかは聞いてくれますので。

苦手な人は生姜抜きでたべられます。

ポイント:餃子のつけだれをタンメンの上にかけるとさらにおいしさアップ

これがαアルファの部分ですね。

東京タンメン トナリ 東陽町本店
住所:東京都江東区東陽3-24-18
電話番号:03-5632-8777
営業時間:11:00~22:00
定休日:なし

2位:タンホイ

大来(だいらい)(横浜・桜木町)

桜木町駅から徒歩3分。

1968年創業の中華料理店。

タンメン+ホイコーロー」
味噌ダレの甘みがタンメンのあっさりスープと相性抜群!

タンメン 800円(税込)
強火で炒めてからしっかりと煮込むことで野菜の風味と旨みがよりスープに溶け出している。

回鍋肉(ホイコーロー) 800円(税込)
最高級の甜麵醬(てんめんじゃん)をブレンドした特製の味噌ダレが

野菜の甘みを引き立てる

大来(ダイライ)
住所:神奈川県横浜市中区野毛町3-160-4 ちぇるる野毛 1F
電話番号:045-241-7940
営業時間:11:30~16:00,18:00~28:00
定休日:火曜日

1位:タンマ

タンメンと「マ」?ってなんだ?

麻婆豆腐だそうです。

合うのかなあ?

横濱一品香 保土ヶ谷店(横浜・保土ヶ谷)

星川駅から徒歩5分。

「タンメン+麻婆豆腐」のポイント
麻婆豆腐の辛さとひき肉の旨味が混ざることで
タンメンスープをコクがある奥深い味に!

絶品たんめん 780円(税込)
こちらのタンメンは甘味が出るキャベツを使わずに

白菜を使用。よりさっぱりした味に仕上げています。

☆麻婆豆腐:720円

マイルドな辛さと通常より強いとろみが特徴

横濱一品香(よこはまいっぴんこう)
住所:神奈川県横浜市保土ケ谷区峰岡町1-20-5
電話番号:045-334-0643
営業時間:11:00~22:00
定休日:元旦

まとめ

タンメンは昔から好きでしたが、今回の特集で

また、食べたくなってしまいました。

夜、会社の帰りに食べて帰れるおいしいタンメンの

お店、探してみようかなと思います。

みなさんも、ぜひ、おいしいタンメンのお店

探してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク