【TEPPEN】ベンチプレス2020年秋の武田真治の結果は?

TV

【TEPPEN】ベンチプレス2020年秋の武田真治の結果は?

2020年9月26日(土)  21時00分~23時10分  の放送内容

今年も、芸能人のベンチプレスのTEPPENを決める

日がやってきました。

前回は武田真治さんが2位で71回という記録でしたが。

今回は前回の記録を塗り替えることは

できるのか?

スポンサードリンク

武田真治ベンチプレスの結果

今回のルールが前回と変更になっていなければ

前回の74回を越えられるのかが見ものですね。

 

今回のルールは自分と同じ重さのバーベルを上げるです。

今回、武田さんの体重は57キロです。

57キロを持ち上げていきます。

結果は。。。。

ベンチプレス結果:  49回!!

めっちゃすごいです。

横川君に負けない数字ではないでしょうか。

横川君は72㎏ですからね。

72㎏のバーベルを上げるわけです。

武田真治さんは、TEPPEN獲れる可能性は十分あります。

放送の結果は

横川尚隆さんの結果は 32 回!!

よって、武田真治、王座奪還です!!

【TEPPEN(テッペン)2020秋】ベンチプレス優勝者

挑戦者名 結果回数
厚切りジェイソン 14回
コージ・トクダ 12回
駒場孝(ミルクボーイ) 18回
武田真治 49回
横川尚隆 32回
與那城奨(JO1) 6回



TEPPENベンチプレス武田真治の過去結果

2019年冬の陣 ベンチプレス 109回(優勝)

2019年夏の陣 ベンチプレス 71回(2位)

武田真治が筋トレする理由

武田真治さんは今では、誰もが知る

筋トレの第一人者という感じですが。

なぜ、筋トレにハマったのか?

それは、『しくじり先生』で以前やってましたね。

その内容としては

「芸能界引退」まで考えるほど。

「怪しい自己啓発セミナーにだまされ」

「北海道の実家にひきこもり」という

テレビの武田真治とはかけ離れた

ものでした。

その理由について自己分析していた武田真治さん。

「完璧じゃないと満足できず、”できない自分”に絶望した」から。

人生が順風満帆に感じた彼ですがじつは

『完璧主義』のせいで転落していくんですね。

北海道での学生時代には

「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを獲得。

自分が世界の中心のような、そんな気持ちに。

要するに天狗になっていったんですね。

「世界から俺は求められている」と

この時16歳。

サックスも吹いていたので、音感がとても

よかった。

そんなこともあり、コンテストでの歌などは

相手が勝手に脱落していくとも言っていました。

さらに、そこに通称”フェミ男”のブーム到来!

武田真治さんはその波に乗ってドラマやバラエティに

引っ張りだこ状態。

しかし、過密なスケジュールで体に異変が。

ストレスが原因で、顎関節やあごを動かしている咀嚼筋の痛み、

顎関節雑音などを引き起こす顎関節症を発症!

彼の心のよりサックスも吹けなくなり

精神的にも追い込まれていくのです。

その結果、26歳で日常生活すらままならない

うつ状態に。

芸能界引退を事務所に申し出たのです。

そんな弱っている武田さんの様子を

見た知人が

「良いセラピーがあるんだけど参加してみない?」

と声をかけてきたのだとか。

その結果、費用が26万円!??

なんちゅう高額な。

でも、その費用さえも、不思議に思えないほど

彼は弱っていたんですね。

事務所からお金を借りて、その費用を支払わうことに。

これで事務所も辞められなくなった武田さん。

その次に彼の取った行動は

わざと干されるように仕向けたのです。

生意気な行動をとってみたり。

そんな武田真治が立ち直るきっかけとなったのが

サックスなわけですが。

顎関節症を治し

サックスを吹けるようになるには

全身の筋肉を鍛えないさいという医師の指示のもと

筋トレをはじめるんですね。

忌野清志郎さんが彼の恩人と言っていますが

忌野清志郎さんのライブに出させてもらって

ミスをした時に「今日のはリハーサル本番だったということで」

なんて言葉をかけてもらうなど

「つぎがんばろう」「できない自分を認めて楽に生きていこう」

ということを学んだのだと。

武田真治プロフィール

本名:武田真治
・生年月日:1972年12月18日
・年齢:46歳(2019年9月現在)
・出身地:北海道札幌市北区篠路
・血液型:AB型
・身長:165cm
・体重:56kg
・活動内容:俳優、タレント、サックスプレイヤー
・所属グループ:なし
・事務所:ホリプロ
・家族構成:父、母、姉、妹

コメント

タイトルとURLをコピーしました