【激レアさんを連れてきた】ドラえもん主要キャスト一斉声優審査方法が面白い!その方法を紹介!

どうも、ノムリンです。

激レアさんを連れてきたで今回はジャイアンの声を担当している

木村さんが登場。14歳にしてジャイアンの声を任されることになった

彼が受けた声優オーディションの方法とはどんなものだったのか。

当時のオーディションを本人が解説。

スポンサードリンク

ドラえもん主要キャスト5名一斉オーディション

一次審査:テープ審査

ここでは応募すると台本が送られてきて

ジャイアンの台詞だけではなく、掛け合いの為、ドラえもんやしずかちゃんなど

5人すべての台詞が書いてあり、台詞を録音して送るというもの。

その際、キャラクターは自分で選べて、スネ夫とジャイアンとか5人すべてに

申し込んでもOKだった。

その為、応募者数は590名に対して

テープは900本が届いた。

二次審査 アフレコ審査

残った候補者数は48名うちジャイアンはなんと8名

木村さん、8分の1まできちゃたぞう!

そこではマイクを前に映像に合わせて言葉をしゃべるのだが

初めての木村さんは劇団風、ミュージカル風?にマイクの前から動いて

部屋中を使ってアフレコしちゃったんだって。

でも通過したんだ。

最終審査 ドラえもん声優オーディション

残った候補者は5名うちジャイアンの候補者は1名 木村さんのみ!

?どういう事?

もう決まりじゃん?て思いますよね。

違うんです。

この最終審査は5人でやってみて

しっくりこなかったらオーディションは1からやり直し

最後はバランスなんですね。(;’∀’)

採取審査での面接官の言葉がきつい

最終面接で面接官が

「100点満点で7点だね」

え?こんなこと言われたら落ちたって思うよね。

厳しすぎませんか?

でも結局最後は審査終了後すぐに呼ばれて

「審査合格です」と伝えられたんですがね。

まとめ

ノリで受けた声優オーディションだが受かってしまった14歳の木村さん。

いまでは15年も続けてジャイアンになじんてきました。

何でも、チャレンジしてみるものですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク