【世にも奇妙な物語】高森愛のプロフィールとタテモトマサコあらすじ

TV

土曜プレミアム・世にも奇妙な物語’20秋の特別編【ストーリーテラー:タモリ】

 

2020年11月14日(土)  21時00分~23時10分  の放送内容

 

 

 

“言葉の力”を使って人を思うままに操ることが

 

 

できたら、あなたなら何をしますか?

 

 

そんな事がほんとにあったら、いいなあと

 

 

思う反面、自分が操られる側だったらと

 

 

思うとゾッとしませんか?

 

 

そんな『言葉の力』を使う「たてもとまさこ」を

 

 

大竹しのぶが演じます。

 

タテモトマサコ【世にも奇妙な物語】2020秋

 

今回の作品は“人の欲”をテーマとするもの。

 

『言葉の力』を使って人を操れる能力を持った館本雅子

 

 

の姿を描く物語。

 

 

 

能力を私利私欲のため使う事務員・館本を大竹しのぶが演じます。

 

 

同僚部員・志倉楓を成海璃子が演じる。

 

 

また総務部の部長・飯田役は 小松和重

志倉の恋人で営業部員の近藤雅也役で佐伯大地

 

近藤の後輩・笠原紗英の役で森高愛が出演。

物語は近藤が志倉にプロポーズした翌日に

 

ビルから飛び降りてしまう。

 

その件を皮切りに話が展開していく。

 

自殺だと信じられない志倉は、

 

亡くなった日の夕方に近藤が館本ともめていたという情報を

 

後輩の笠原紗英からつかむのだった。

 

志倉は館本を待ち伏せし何があったのかと詰め寄るが、

 

彼女は無言で立ち去ろうとする。。。

 

大竹しのぶは今回演じた

 

タテモトマサコという人物について

 

「人に理解出来ない『力』を持つということは、

 

とても孤独でかわいそうだなと思いました」

 

 

と述べている。

 

「不思議で少々恐いストーリーですが、

 

ドキドキしながら見てもらえたらうれしいです」と大竹。

 

結果、タテモトマサコはどんな結末を迎えるのだろうか。。。。

 

タテモトマサコあらすじネタバレ【世にも奇妙な物語】

近藤が志倉にプロポーズした翌日に

 

ビルから飛び降りてしまう。

 

その件を皮切りに話が展開していく。

 

自殺だと信じられない志倉は、

 

亡くなった日の夕方に近藤が館本ともめていたという情報を

 

後輩の笠原紗英からつかむのだった。

 

志倉は館本を待ち伏せし何があったのかと詰め寄る。

 

笠原からは、近藤のロッカーから「タテモトマサコに殺される」

 

というメモが。

 

そのメモをもって問い詰めるが

 

彼女が口を開こうとした瞬間に記憶を消された。

 

そして、メモもタテモトマサコの手に。

 

メモは破き捨てられた。

 

事務所でタテモトマサコを問い詰めた事も

 

その場にいた社員はすべて記憶をなくしているのだった。

 

タテモトマサコは以前の職場でも不審な死を引き起こしていた。

 

笠原はタテモトマサコが記憶を消せるということまで

 

突き止めたが自ら、自殺してしまうのだった。

 

タテモトマサコは自ら発した言葉に言霊を乗せることが

 

できる力が他の人よりも強いのかもしれない。

 

彼女に言われたら、その通りに行動してしまうのだった。

 

近藤も、その前の会社の人も、タテモトマサコが

 

会社のお金を横領した事実を知り、殺されてしまうのだった。

 

でも、なぜか志倉はタテモトマサコの事を1度は忘れても

 

思い出すのだった。

 

志倉がどこまで自分の事を調べているのか

 

屋上に呼び出し、聞き出すタテモトマサコ

 

今までの、タテモトマサコの周りで起きた不審な死について

 

どうやって記憶を消したのかを志倉に話すのだった。

 

最後にタテモトマサコは

 

志倉に「私の事は忘れなさい。そして会社を辞めてどこか遠くでくらしなさい」

 

そう告げるのだった。

 

 

志倉はその言葉通りに会社を辞めていくのだった。

 

 

このまま、終わるのか?と思ったら。

 

 

志倉は腕に記憶を消されている事。

 

音声で録音しているファイルを携帯から、会社全員に送るようにと

 

指示が書き残してあった。

 

 

そのとおりにメールで全社員に送られたそのファイルを開くと

 

「私の事は忘れなさい。」を聞いた人はタテモトマサコのことを

 

忘れていくのだった。

 

最後は、タテモトマサコはその音声ファイルを聞いて

 

 

自分自身がだれかわからなくなってしまうのだった。

 



タイトルとURLをコピーしました